Twitterでパパ活は危険?!サイバーポリスに逮捕されるって本当?

投稿日 : 2020年7月14日

マッチングアプリに登録するのは面倒、料金を支払いたくない。そのような理由からTwitter上でパパ活をしている方も多いのではないでしょうか。確かにTwitterなら気軽に相手を探すことができますが、場合によってはトラブルに巻き込まれたり、最悪警察に捕まってしまったりする可能性もあるため注意が必要です。

当記事ではTwitterでパパ活を行うリスクや危険性、デメリットについて解説いたします。パパ活を始める前にぜひご一読ください。

・サイバーポリスに逮捕される?

結論を先に言ってしまえば、サイバーポリスに検挙、逮捕される可能性もゼロではありません。最近は警察がパパ活目的の男性や女性のふりをして、怪しい人物にメッセージを送り捜査を行うということも普通に行われています。そのやり取りの中でたとえば、18歳未満の少女と関係をもったことがあるだとか、その相手とは今も繋がっているとか、裸の写真や映像を送ってもらったことがあるだとか、そのような発言を行った場合には最悪逮捕に至るケースもあるのです。

逆に言えば、相当悪質なケースでない限り逮捕まではいかないということですが、要注意人物として警察にマークされると少々厄介です。捜査機関が特に目を光らせているTwitter上でパパ活をすることには一定のリスクがあると考えたほうが良いでしょう。

また、女性側にももちろんリスクはあります。パパ活中の中高生がサイバーポリスに補導されるというケースは珍しくありませんし、売春は法律で禁止されているため、たとえば相手の男性がサイバーポリスだと気づかずに肉体関係の話を持ち出してしまった場合、検挙や補導に至る可能性はあります。

・セーフとアウトのラインは?

サイバーポリスに逮捕されると、最悪実名報道がなされ、会社をクビになる可能性もあります。有罪となれば前科も付き、その後の人生に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

それでは法的にセーフのライン、アウトのラインはどこにあるのでしょうか。あくまで目安とはなりますが、基準をまとめてみました。

セーフ
肉体関係なしのデートをした相手と金銭のやり取りを行う。
食事デートをした18歳未満の少女と金銭のやり取りを行う。
成人女性と食事や肉体関係をもち、金銭のやり取りを行う。

アウト
18歳未満の少女と肉体関係をもつ。肉体関係の対価として金銭を支払う。
18歳未満の少女に裸の写真等を要求する。
売春、買春の斡旋を行う。

厳密には、肉体関係の対価として金銭を支払うことは売春防止法に違反します。しかし、あくまでデート全体の謝礼としてお金を支払うことは違法ではありませんし、そもそも売春防止法には罰則がありません。つまりは18歳未満の少女にさえ気を付けていれば問題ないということですが、後述するように、Twitterには年齢を偽ってパパ活を行っている少女も多いため、注意が必要です。

・相手が18歳未満の可能性も。

Twitterは生年月日を自由に設定できるため、たとえば中学生や高校生が、18歳以上である、大学生であるなどと嘘を吐くこともできます。Twitter上でパパ活を行うことには、18歳未満の少女と関係してしまうかもしれないというリスクがあるのです。

食事デートをするくらいなら問題ないですが、18歳未満の少女と体の関係を持ってしまったり、家に連れ込んだりした場合には、逮捕に至る可能性も充分にあります。少女の中には、18歳以上だと年齢を偽った方がパパ活がしやすいと考え、実際そのようにしている子も多いです。Twitterのような年齢確認のないサイトで出会いを探すのは危険だと言わざるを得ません。

もしTwitterで出会いを探すのであれば、デートをする前に年齢を必ず訊いておくことと、相手の見た目が若ければ身分証明書を見せてもらうことが大切です。しかし、初対面の人間に身分証は見せられないという子も多いでしょうし、そうなると大人の関係になることはできません。パパ活をするのならやはり年齢確認のあるところを使用するのがベストです。

・見た目や身分を偽っている可能性がある。

これは男女双方にとってのリスクと言えますが、Twitterのようなサイトでは相手が自分の見た目や身分を偽っていることが多いです。マッチングアプリにもそのようなケースがないとは言えませんが、パパ活系のアプリでは身分証明書や収入証明書の提出が義務化されていることも多く、また身分を偽ることは規約違反に該当するため、アカウントが停止される可能性が高いです。

それに対しTwitterは、悪質ななりすまし等には対処してくれるとはいえ、自分の見た目や身分、収入などを偽ることを厳しく取り締まっているわけではありません。アカウント停止のリスクがあるマッチングアプリと、リスクのないTwitterとでは、後者の方が嘘が多くなるのは当然のことです。

女子大学生と聞いていたのに待ち合わせ場所に来たのは到底学生とは思えないおばさんだった、モデルと聞いていたのにスタイルが良くなかったなど、Twitterで出会いを探すと時間を無駄にすることも多々あります。逮捕等に繋がるものではないとはいえ、これもデメリットのひとつだと言えるでしょう。

・まとめ

以上がTwitter上でパパ活をするリスクとなります。パパ活相手を探すのなら、相手の身分や年齢が保証されたデートクラブ・交際クラブに登録した方が良いでしょう。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

入会をお考えの方は・・・

交際クラブ人気ランキング

交際クラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top