パトロンたちが求めた最高のシュガーベイビー!マリリン・モンローから学ぶ

投稿日 : 2019年6月5日

マリリン・モンローは20世紀時代を代表するセクシーシンボルとして、知らない人の方が少ないかもしれません。
その美貌で多くの男性たちを虜にした結果、数多くの映画に出演しました。
そんな彼女のパトロンは誰か…は有名な話ですが、パパ活女子の若い世代は知らない方もいるかもしれませんね。
この機会にマリリンの魅力を学んでパパ活に活かしてみてはいかがでしょう。

・シュガーベイビーとして数多くの男性たちを魅了したマリリン・モンロー

あまりにも注目を集めすぎたために、現在でも彼女に関する様々な本が出版されています。
まさに、 21世紀に突入する前の世紀を引っ張っていた1人と言えるでしょう。
彼女がまだ駆け出しだった当時は、彼女しか出せないような魅力に対して雑誌が評論家たちは「マリリン・モンローは見た目に反比例するように、女優として必要なスキルを持っていない」という感じで冷淡な反応をしていました。
しかしながら、マリリン・モンローは彼女しか出せないような輝きを放っていたので、そのような魅力的な女性に対して、男性たちは何のアプローチも取らないわけはありません。
彼女を求めて、有名な歌手であるフランク・シナトラやメジャーリーガーのジョー・ディマジオ、最も有名で印象的な大統領であると言えるジョン・F・ケネディも、パトロンとしてシュガーベイビーである彼女とパパ活を楽しんでいました。
このようなビックスキャンダルを繰り返すうちに、鶏が先か卵が先かという話ですが、マリリン・モンローは多くの人が見るテレビや映画に引っ張りだこになっていくのです。

・シャネルナンバーファイブ

ガブリエル・ココ・シャネルが初めて送り出した香水であり、フランス語では「シャネル・ニューメロ・サンク」と言われる香水ですが、マリリン・モンローもこのシャネルの香水に対して、並々ならぬ愛情があったと言われています。
ある日、記者がマリリン・モンローに対してこのような質問をしました「あなたは寝る時は何を着るのですか?」という質問です。
それに対してマリリンは「シャネルのナンバーファイブを数滴」という風に答えるのです。
「あの時の質問ですが・・・何の話でしたっけ?ああ、何を着て寝ますかという質問ですね。記者さんたちはパジャマですか?ネグリジェですか?という質問をしたので、シャネルのナンバーファイブと答えたんです!真実の言葉ですよ(笑)」と言ってマリリン・モンローはエレガントに笑います。
「裸で寝ているなんてストレートなことは言えませんから、ナンバーファイブを数滴という風に答えたんです」と明るく答えました。
そして、それはシャネルの広告宣伝の戦略とも重なって、ものすごくピックアップされることになりましたが、彼女自身は「そういうことをいつ言っていたのか忘れてしまったわ、空港でだったか、記者会見だったのかはっきりとしない」という風に回想をしています。
彼女自身も、自分の何気ない一言が21世紀にも語り継がれている、伝説的な言葉になるとは思いもしなかったでしょう。

1952年の4月7日、マリリン・モンローが26歳の時にライフ誌という表紙を初めて飾ったときに、シャネルのナンバーファイブのエピソードが紹介されます。
これによって、シャネルのナンバーファイブは元々愛好者はいたのですが、マリリン・モンローの効果によって、爆発的にその名を知られるようになったのです。

1953年10月、自分の自宅で行われたモダン・スクリーン誌の写真撮影において、全裸になって掛け布団1枚でベッドの上で、魅惑的なポーズをとる彼女の写っている写真の横のテーブルには、ナンバーファイブがしっかりと存在を誇示していました。
しかしながら、モダン・スクリーン誌の写真撮影会であって、シャネルの写真撮影会ではないのですから、彼女の美しくエレガントな写真は、シャネルのナンバーファイブがどんな写真でも写っているために、お蔵入りということになってしまいました。

1960年4月、マリリン・モンローは「恋をしましょう」を撮影しているときに、マリ・クレーン誌のインタビューを受けますが「私ってナンバーファイブが大好きなのよ!」という感じで、自分をさらけ出してくれます。
この時、彼女に対してシャネルのナンバーファイブのことを記者たちが質問すれば、さらに彼女は自分のプライベートのことをさらけ出してくれたはずですが、色々な事情によりその部分は非公開となってしまいました。

・エミリオ・プッチを支持するマリリン・モンロー

1960年代になると、マリリン・モンローはエミリオ・プッチのデザインを好むようになります。
中でも、エミリオ・プッチのオレンジカラーのブラウスはお気に入りです。
他のブラウスやドレス、ハンドバックやアクセサリーなど、とにかくマリリン・モンローはエミリオ・プッチのブランドにはまって、盲目的な愛を注ぐことになります。
なぜマリリン・モンローは、ここまでエミリオ・プッチのデザインを愛するようになったのかというと、それほど複雑な理由はありません。
エミリオ・プッチのデザインが、マリリン・モンローの個性的な人生と、ものすごくマッチングしていたのでしょう、彼女の純粋とも言える感受性と、内側の複雑さとのコントラストが、彼女の魅力をさらに引き立てるのです。

いかがでしたでしょうか。
彼女の魅力は女性から見ても感じられるのではないでしょうか?
交際クラブ・デートクラブでモンローのような女性会員がいたら、誰しもデートのオファーを出すに違いありません。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

入会をお考えの方は・・・

交際クラブ人気ランキング

交際クラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top