交際クラブ・デートクラブに登録中のパパ活女性必見!愛されるパパ活女子 男性の褒め方編

投稿日 : 2018年9月4日

交際クラブ・デートクラブに会員登録してパパ活を行っていき、パパからしっかりとサポートを受け取るためには、当然ですがパパたちをいい気分にさせなければいけません。

ほとんどの女性の褒め言葉は男性に響かない

そのための方法として、パパを褒めるという作業が必要になっていきますが、男性と女性とでは価値観に決定的な差がありますので、何か女性が褒めるようなことを言ったとしても男性にはそこまで心に響かないという場合が多々あります。

基本的に女性の相手を褒める時は、男性視点から見るとふわっとしていて具体性がないので”なんとなく、褒めているなっていうのは分かるけど、だからどうしたの? と言いたいけど、言ったら怒るんだろうな・・・”というふうに、女性から褒められても微妙な気持ちになってしまうのです。

男性がなぜ女性に褒められてもそのような気持ちになってしまうのかというと、元々男性というのは”階級社会に生きている”ところがあるからです。
現在では貴族とか士農工商などといった階級制度はなくなりましたが、男性には現在の役職によって、相手との距離感をはかるということを、無意識のうちにやってしまうところがあります。

要するに、自分より役職が上だったらなんとなく気後れしてしまいますし、自分より下の場合だったら上から目線で対応してしまうというところがあります。

ですから、あなたとデートする時、男性に気持ちよくなってもらうためには男性に刺さるような褒め方をしなければいけないのですが、その場合、紹介しているように男性独特の感性に従った褒め方が効果的なのです。

男性を褒める時は立場を作り出して褒めてあげる

パパには女性が普段しないような褒め方をしなければいけない、ということはわかっていただけたと思いますが、それでは具体的にどんな褒め方をしたらいいのか、その方法を説明していきます。

男性が気持ちよくなる褒め方というのは「なんだか○○さんと話していたら、今まで抱え込んでいた悩みがきれいさっぱりなくなっていきました!○○さんは私だけのお悩み相談アドバイザーの社長ですね!」というような褒め方は有効です。

ちょっと何を言っているかわからないと思いますが、要するにパパとコミュニケーションを取っているところで、パパに対して架空の役職をつけてあげるとよいでしょう。

上記にも説明している通りに、男性は権威にめっぽう弱いところがありますので、そのような男性の特性を利用して、褒め言葉と一緒に入れ込むことによって、パパ活女子は今までとは考えられないくらいに、男性から求められるような存在になることができます。

この褒め方で注意すべき点

パパをいい気分にさせるためには上記のような褒め方をする必要があるのですが、この褒め方自体にも十分な注意が必要になってきます。
どんなところを注意すべきなのかと言うと、デートをしている男性の本来の立場よりも、低い階級を褒め言葉に入れてはいけないということです。

「何それ? 意味わからないし、めちゃくちゃ面倒くさいんですけど!」などと言いたくなるかもしれませんが、パパ活で男性にいい気持ちになってもらって、サポートしてもらうためには必要なことです。

例えば、デートしている男性の会社での地位が”部長”だった場合は、褒め言葉で「本当に何々さんと一緒にいると元気に行ってくるから、何々さんは私だけのハッピープレゼント課長だね!」という風に、部長よりも下の立場で例えてはいけません。

女性から見ると本当に面倒くさいでしょうが、それだけ男性というのは階級社会の中で生きているので、自分の現在の立場や、相手の立場が気になるので、それをうまく操ることができたら一気にパパと仲良くなることができるのです。

ですから、デートをするパパが部長なのであれば「私だけのHappy present 部長だね!」とか「私オンリーで幸せの総合商社を経営しているんですか?」という感じで、現実の立場と同じか、それ以上の地位を言って、よいしょをしてあげましょう。

「私だけの」という男を虜にしてしまうマジックワード

上記の説明文を見ていて気づかれたと思いますが「私だけの」とか「私専門の」というような言葉を女性が男性にかけてあげると、男性は本当に、女性がびっくりしてしまうくらいにその女性に夢中になっていきます。

男性というのは”自分だけに心を開いてくれる女性”、”他の男性と違って、自分にだけは魅力的な一面を見せてくれる女性”という存在をものすごく求めていますので、あなたが男性に対して「私だけの」とか「あなただけの女になっちゃったのかも・・・」というような言葉を使ってしまうと、もう男性はあなたにぞっこんになってしまいます。

逆に言ってしまうと、この言葉は男性を勘違いさせてしまう非常に危険な言葉ですので、このテクニックを使うのは、なるべくあなたが”このパパは逃したくない”と考えているような、特別な存在に限定した方がいいです。

そうしないと、あなたの周りに男性が集まりすぎてしまって、困った思いをしてしまう可能性がありますので、使う人とタイミングには注意する必要があります。

交際クラブ・デートクラブに登録中のパパ活女子の皆さんも是非参考にしてみてください。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top