交際クラブの男女はやってる!梅雨時期の髪の湿気対策

投稿日 : 2022年05月25日

ジメジメと蒸し暑い梅雨の時期は、髪のトラブルも起こりやすいです。

うねりや広がりが気になって、毎朝の手入れが大変という人もいらっしゃるのではないでしょうか?せっかく髪のお手入れをするなら、湿気から守る適切な方法で労りたいもの!
そこで今回は、交際クラブの男女がやっている髪の湿気対策をご紹介します。

うるサラ!美しい髪はキューティクルから

髪の組織のひとつであるキューティクルは、湿気対策に欠かせないものです。
髪表面にあるキューティクルは、乾いている状態では閉じています。さらに髪の内側の成分や水分を保つ役割も担っているため、空気中の水分を髪に入り込ませない効果もあるんです。
そのため、湿気で広がったりうねったりしやすい髪は、荒れたキューティクルに原因があるということになります。
キューティクルの荒れに繋がる行動は、ブリーチ・パーマ、縮毛矯正などです。髪が濡れた状態だとキューティクルが開いて、空気中の余分な水分を取り込んでケアしにくい結果に繋がることも。
いくら面倒でも、お風呂上がりのドライヤーはしっかりと行った方が、美しい髪に近付くことができます。

さらに湿気に負けない美しい髪に近づくためには、洗い流さないトリートメントやヘアオイルが必要です。
一度荒れたキューティクルは、そこの部分を切らない限り修復できません。せっかくカラーやパーマを施したヘアスタイルを美しく保つなら、キューティクルを補修するトリートメントや水分と分離するヘアオイルを使いましょう。
これらの美髪グッズは、余計な空気中の水分が髪に入り込むのをブロックしてくれるため、梅雨の時期に見られるトラブルを抱えた髪が美しくまとまります。
またドライヤーの風をかけるときは、温風と冷風の併用がおすすめです。キューティクルは冷ますと引き締まる性質を持っているので、スタイリングが長持ちする効果も期待できます。

崩れにくいスタイリングのコツは?

梅雨の時期におすすめなスタイリング剤を探しているなら、オイル系やクリーム系が真っ直ぐなストレートヘアにぴったりでまとまりやすいです。
これらの重めのスタイリング剤は、ミスト系やローション系など水分が多めのスタイリング剤よりも髪の広がりを抑えるため、梅雨の時期に適しています。
毛先を中心に揉み込むように使うと、まるで晴れの日のようなうるサラなストレートヘアに仕上がるでしょう。
アレンジするときの毛先のまとまりにも使えるため、湿っぽさを感じさせない爽やかなスタイリングにも適しています。
さらに巻き髪アレンジでスタイリング剤を使いたいときは、ヘアアレンジをする前に髪をまとめるために使う方法がおすすめです。

湿気でアホ毛や広がりに困っているなら、髪をセットしてから固めるスプレータイプも適しています。
固める系のスプレーなどが代表的なスタイリング剤は、一カ所だけ集中的に吹き付けてはいけません。特にハード系のスプレーでは、集中して吹きつけた部分が一カ所だけ不自然に固まってしまうので、散らしながら全体的に吹き付ける様にスタイリングするのが鉄則です。
この方法を実践することで、パーマやカールが綺麗な状態のまま、湿気に強くて簡単にヨレない巻き髪になるんです。
一方でストレートの仕上げにスプレーのスタイリング剤を使うときは、程よく形状を記憶するソフト系のスプレーが湿気に寄る広がりを防ぎます。ガチガチに固めすぎず自然に仕上がるでしょう。

ヘアアイロンでイチオシのタイプは?

パーマや縮毛矯正をしなくても、ヘアアイロンを使えばカッコいいスタイリングに仕上がることがあります。
ヘアアイロンはパーマや縮毛矯正よりも髪へのダメージが少なく、キューティクルの剥がれを防げるんです。

梅雨の時期に使ってほしいヘアアイロンは、髪の広がりやうねりを防ぐタイプになります。初心者でも簡単に髪型が決まるヘアアイロンを探しているなら、ストレートも巻き髪もできるタイプがおすすめです。
さらに低い温度でも髪型が決まりやすく、イオンが発生するタイプだとキューティクル補修も同時に叶います。
さらにコテ・アイロンを毛束にあてる時間も重要。長くても5秒でコテ・アイロンを外すようにしましょう。目安の温度は、3秒から5秒でしっかりと形がつく状態が適温になります。

また一度に巻きやすい量、もしくは挟みやすい髪の量の毛束を取ると温度のムラが無くなって、同じ毛束にコテ・アイロンを何度も通さずに済むでしょう。
そのため、髪へ均等に熱を与えられツヤ感がアップします。健康な髪の場合、髪の内部には15%ほどの水分が保たれていますが、コテやアイロンを使うと余計に水分が飛ばされて表面がパサつくことがあります。

そんなときは髪の内部にある水分を残しながらも、しっかりスタイリングできるヘアアイロンを使うことで、パサパサせずに梅雨でもまとまる潤いのある髪に仕上げられるはずです。
梅雨だからといって高温で髪の水分を飛ばすのはダメージに繋がるのでNG!目安の温度を守り、3秒から5秒でコテ・アイロンを通してください。

まとめ

梅雨の時期は、ヘアケアの方法を見直す必要があります。空気中の湿度が高いため、必要以上の水分を髪の内部に入れないことが大切なポイントです。
今回ご紹介したようにスタイリング剤や美容室での施術にこだわって、必要な水分量だけをキープすると満足できる髪型に仕上がるでしょう。
ヘアアイロンも用法を守って正しく使うと、カッコいいヘアスタイルに近付けるので交際クラブ、デートクラブの男女にもおすすめです。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ HOME > 交際クラブの男女はやってる!梅雨時期の髪の湿気対策

過去のコラムはこちら