デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 良好な関係が長続きしやすいカップル・夫婦の傾向とは

良好な関係が長続きしやすいカップル・夫婦の傾向とは

交際クラブ・デートクラブのカップルにおいて良好な関係が長続きしやすいのにはいくつか理由があります。問題があった際にその場しのぎで取り繕ってもいずれはどちらかに負担がかかりすぎ、我慢も限界に達してしまい、結果的に離縁することになってしまいます。
できることならお互いに無理はしないままで物事がうまく運べる関係性を築けることが理想的といえます。今回は良好な関係が長続きしやすいカップルや夫婦間の間でよくある傾向を調べてまとめてみたいと思います。

■趣味や思考が似ていること

相性や価値観という部分はカップルや夫婦間においてとても重要なポイントになります。中でも趣味の好みや物事に対する考え方が似ているカップルや夫婦では当然争い事も少なく、お互いのストレスは軽減されるため、良好な関係が長続きしやすいと考えられています。例えば食事の好みなど共通しているかどうかは大事です。特に夫婦間では共同生活において一緒のメニューを食する機会が多いため、味の好みがあまりに違うとどちらかにストレスが生じてしまうため、できるだけ好みの味付けに近い方が理想的であると思います。
まず共同生活をするうえではこういった何気ない日常的な思考においてのずれがなく、ストレスが極力少ないことが好ましいと言えますので、細かいところにはなりますが、たびたび日常の何気ないことでケンカをするような相手では長続きを持続させることは難しい可能性が高いと言えます。

■会話のポイントや表現方法が似ていること

今感じていること、悩みや解決方法などについて、相手に話したいことや相手に聞いてほしいことなど、カップルや夫婦間であると思いますが、タイミングや話し方も重要なポイントとなるようです。交際クラブ・デートクラブのデートでも話を聞けるタイミングでうまく話かけてくれる相手であるとストレスもなく、スムーズに会話モードへと突入できますが、仮に何か用事をしているとき、話を聞いてあげる時間的な余裕がなく忙しそうにしているタイミングにも関わらず無理やりに話しかけられてしまうと、聞き手側は愛想が悪くなってしまいがちです。それをみた話し手も気分を害してしまうため、お互いに不愉快な気持ちになってしまいます。声をかける側も今はなしかけても大丈夫かどうか見極められるスキルやタイミングの計り方がうまく自然に保てていれば、お互いスムーズに気持ちを伝えやすくなるので、結果的には良好な関係を持続させられることにもつながります。
ただし無理に相手のペースに合わせているようでは結局どちらかが面倒になってしまいますので、あくまでそのタイミングが自然なふるまいで成立できているということが前提にはなります。

■包容力など心のゆとりの大きさが左右する

ストレスを抱えたままで精神的にゆとりがない状態で相手と接すると思ってもみない八つ当たりをしてしてしまったり、嫌悪感を知らず知らずの間に与えてしまうということがあります。慣れ親しんだカップルや夫婦間においても同様に起きる事がらなのですが、要するに精神的にゆとりがある状態をキープできていれば、多少のことは許せたり怒りには直結しにくいメンタル状態となりますので結果もめ事も起こりにくくなります。
特に交際クラブ・デートクラブの女性においてはこういった包容力が大きい人ほど男女間の関係がうまくいく傾向が強いようです。男性は社会に出て常にストレスを受け続けている機会が多いため、精神的にも疲れ果てギスギスしてしまいがちなので、女性側でうまくコントロールし優しく包容力で包んであげると良いしょう。例えケンカ腰になっても受容能力が高ければうまく怒りを受け流せるので、大きなもめ事には発展しにくいはずです。
ケンカというものはお互いの意見をぶつけ合うことで大きく膨れ上がってしまうものなので、「のれんに腕押し」的な感覚になれれば何かとうまくいくのではと思います。またケンカに発展しやすい原因としては「健康面」も大きく左右されると言われています。女性においては生理中や妊娠期間中なども同様な傾向が強いため、おのずと心のゆとりにも直結してきますのでそういったタイミングの際は男性側も女性をフォローしながら少しでも気を配ってあげられると友好的に物事も解決する場合が多いようです。

■とにかく自然体でいられることが大事

先でも触れてきたように、趣味・思考や会話の切り出すタイミング、食事の好み、怒りのいなし方などすべて含めてこれらが自然と対応できる関係性であることがもっとも重要なポイントです。
どちらかが無理をして気を付けているようではいずれほころびが生じ、我慢の限界まで達してしまうとその時点で良好な関係は一気に崩れてしまいます。何気ない言動や考え方が自然とはまっている相手を選ぶことが長続きする関係性に大きくかかわってくるといえるのです。自然体でいれるということは「無理をせずにやり過ごせる」「リラックスした状態」であることなので、基本的に一緒にいることがストレスに感じないはずです。よく熟年夫婦からお互いの存在に対して聞いた際に「空気のような存在」と言われる方がいますが、まさにそのことが集約された表現であると言えます。
常に生活を共にするのであれば尚更、いつまでも相手を意識していては精神的にも疲れてしまうので、自然体で振る舞えること、またそれを相手も同じように振る舞ってくれることが最大の長続きの秘訣となるのではと思います。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 良好な関係が長続きしやすいカップル・夫婦の傾向とは

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top