ホワイトデー向けのカクテル、ステキなバーで乾杯!

投稿日 : 2019年3月8日

甘くて飲みやすく、見た目がおしゃれなカクテルは、女性に好まれるお酒です。
交際クラブやデートクラブに登録しているあなた。ホワイトデーデートに、ステキなバーで待ち合わせするのもいいのではないでしょうか?
ホワイトデー向けのスペシャルカクテルをいろいろご紹介します。

<<ホワイトデー向けのスペシャルカクテル>>

●カクテルの女王

「カクテルの女王」と呼ばれているのは、ウイスキーをベースにして作る「マンハッタン」です。
ニューヨークのマンハッタンに沈む夕日の色に例えられています。
また、ジンベースの「マティーニ」は、「カクテルの王様」と呼ばれています。
女王と王様とで、ホワイトデーを記念して乾杯しましょう。

●マシュマロ入りホットカクテル

ホワイトデーと言えば、まっ白なマシュマロを思い浮かべる人は少なくないでしょう。
ふわふわのマシュマロをトッピングしたホットカクテルは、マシュマロがとけるにしたがって味の変化が楽しめます。
ホットカクテルなので、飲んだ後に身体があたたまります。なんとも見た目が可愛い女性向きのカクテルです。

●デザートカクテル

デザートカクテルには、カラフルなゼリーやアイスクリームなどが加えられており、見た目がキレイです。
「食べるカクテル」としても、多くの人に楽しまれています。ホワイトデー向けのオリジナルをオーダーしてみましょう。
さまざまなアレンジが可能ですから、バーテンダーの腕のふるいどころでしょう。

●レインボーカクテル

「プース・カフェ」というお酒には、数種類の比重が異なる飲み物が用いられています。
グラスに比重の重い液体から順に注いでいくことで、カラフルな色の層ができます。虹のようにキレイに色が分かれているカクテルです。
ストローを使えば、好みのお酒の層から飲むことができるでしょう。

●ミクソロジーカクテル

ミクソロジーカクテルというのは、新鮮なフルーツやハーブなどを使った、蒸留酒と組み合わせて作る斬新なカクテルです。
このカクテルがスゴイのは、演出にドライアイスや炎が用いられていることです。エンターテイメント性の高いカクテルです。
カクテルから白い煙が上がったり、青白い炎がゆらめくグラスから目が離せなくなるでしょう。

<<女性向けカクテルの基礎知識>>

●ホワイト・レディ

ホワイト・レディは、ジンをベースにした清涼感のあるカクテルです。
ほんのりとレモンの酸味が香る、スッキリとした味わいのお酒です。
イギリスのヴィクトリア王女に捧げられたカクテルということで、「白い貴婦人」と呼ばれています。

●ピンク・レディ

ホワイト・レディ同様にジンをベースにしていますが、ピンク色のカクテルです。ピンクの色づけに、グレナデン・シロップが使われています。
『ピンク・レディー』というイギリスのミュージカルにちなんで、この名がつけられています。
ホワイト・レディに対抗して作られた、というわけではなさそうですね。

●ファジーネーブル

見た目が、まるでオレンジジュースのようなリキュールベースのカクテルです。
グラスに、カットされたオレンジが飾られています。
「ファジー(あいまい)」というネーミングは、ネーブルなのかピーチなのか、味がわかりにくいところからきているようです。

●スカイ・ダイビング

澄みきった青空をイメージして作ったと言う、ラムベースのカクテルです。
美しい青色を出すために、ブルー・キュラソーが使用されています。
ラムの代わりに焼酎を使ったカクテルに、「スカイ・ブルー」があります。

●イースターエッグ

イースター(復活祭)で飲まれるらしい、ブランデーをベースに卵黄をシェイクしたカクテルです。
香りづけとしてチョコレート・リキュールが使われていますから、ホワイトデー向きのカクテルだと思います。
お酒が苦手な女性でも飲めそうな、甘さの強いカクテルです。

●クレオパトラ

絶世の美女とされるクレオパトラの名前がついている、ラムベースのカクテルです。
クレオパトラには、生クリームとナツメグが使われています。
クリーミーな味わいで、コーヒーリキュールで香りづけされています。

●シンデレラ

シンデレラは、オレンジジュースにパイナップルとレモンを加えた、ノンアルコールのカクテルです。
なぜシンデレラなのか、名前の由来は不明ですが、アルコールが含まれていませんから酔わずに、12時前に家に帰ることができるでしょう。
「クレオパトラ」や「シンデレラ」などと名前を聞けば、これらのカクテルを飲んでみたくなるのではないでしょうか?

<まとめ>

代表的な女性に好まれそうなカクテルをご紹介しました。カクテルの種類を覚えておくと、女性にすすめやすいと思います。
女性には甘口で、色のキレイなカクテルが好まれる傾向があります。
カクテルは甘くて飲みやすいですけど、度数が高めのものが多いので、見た目とは違って味が濃いものがあります。
とにかく種類が豊富ですから基本をおさえておき、あとはバーでオリジナルのカクテルを注文すると良いでしょう。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top