エリート男性に近づく!カッコいいスーツの着こなし方

投稿日 : 2022年06月09日

どこの業界にもいるエリート男性ですが、内面の素敵な一面に加えて外見の清潔感および、カッコよさも重要です。

何でも第一印象が仕事では大きな鍵を握ることが多いので、エリート男性に欠かせないスーツの着こなし方には留意しておきたいものです。そこで今回は、エリート男性に近づけるスーツの着こなし方をご紹介します。

好感度が上がるスーツのサイズや色は?

スーツの基礎となるワイシャツは、選び方ひとつで好感度を左右します。
スーツを着こなすうえで、サイズ感は特に欠かせないポイントです。スーツやワイシャツのサイズが大きすぎれば野暮ったく、逆に小さすぎればピチピチとしていて窮屈な印象を与えます。
スーツもワイシャツも、サイズが合っていればそれだけでスタイリッシュに見えるでしょう。
スーツといえば襟元のVゾーン。ワイシャツとネクタイで作られるため、スーツの印象を大きく左右するポイントになります。
ここで選ぶワイシャツは、清潔感を漂わせる真っ白がおすすめです。また柄物同士でVゾーンを合わせず同系色で揃えるなど、ごちゃごちゃした印象にならないように工夫しましょう。

スーツのVゾーンの色合いを揃えるなら、爽やかな印象を与えるブルー系がおすすめです。
色のイメージとして、ブルー系は冷静な判断を下せる効果など、仕事には欠かせないポイントを持ち合わせています。
またブルー系は、黒系およびグレー系・ネイビー系のスーツとも相性抜群な色合いです。ストライプ柄のスーツなら、無地かワンポイントのネクタイを選ぶと、洗練された印象を与えられます。
さらにスーツでは、小物の靴とベルトの色を揃えるのが鉄則。黒の靴には黒のベルトを、茶色の靴にはベルトも茶色と同じ色をを合わせるようにしましょう。
また茶色は、濃淡によっても印象がガラリと変わります。靴とベルトのトーンにも気を付けて、色を統一することが大切です。

カッコいい着こなし方の黄金バランスは?

スーツで一番に目に入るジャケットは、肩で着るともいわれているファッションアイテムです。
カッコよく着こなせる黄金バランスは、肩の生地を指でひとつまみできる程度のサイズ感です。袖の丈は、腕を下ろしたときに親指の先から11センチから13センチほどの位置にあるのが理想です。
ワイシャツはジャケットの袖口から1センチから1.5センチくらいのぞくように調節すると、カッコよくバランスが取れます。着丈はお尻が8割隠れる程度の長さがいいでしょう。

一方でスラックスの裾丈は、靴の甲に軽く当たるくらいの長さが基本になっています。しかしトレンドのスラックスは靴の甲に当たらないやや短めのサイズ感です。そこから見える靴下は、無地のオーソドックスな色を選びましょう。

さらに小物やアクセサリーにも注意が必要になります。スーツをカッコよく着こなしたいなら、小物やアクセサリーなどの装飾品を最小限に抑えるのがおすすめです。
装飾品は腕時計やブローチなどに留めておいてください。たとえば、パーティーなどのシーンでは例外ですが、ビジネスシーンなどにおいてはポケットチーフを入れないようにしましょう。
なおネクタイはピンで固定せずに、敢えて軽やかさを保つのがトレンドの着こなしになっています。
またジャケットのフロントボタンは、二つボタンでも三つボタンでも一番下は外しておくのが鉄則です。そしてジャケットを着るときは袖口からシャツが見えるように、長袖のシャツを合わせるとバランスが取れます。

これだけ気を付けて!スーツのルール

適度なハズしテクニックとして、あえてボタンダウンにネクタイを締めるスタイルも、最近では主流になってきました。
これはスーツコーディネートの上級者がまれに活用する着こなしテクニックですが、あらたまった商談の場やパーティーにおいては不適切です。
重要な仕事のときは、ノーマルなワイシャツを選んだ方がいいでしょう。
さらにスラックスの丈も気をつける必要があります。仕上がりをシングルかダブルかなどによっても、大きく印象が変化するため、最適な丈感が異なってくるでしょう。
あらかじめ自分の理想的なスーツスタイルをある程度イメージしておくと、ジャケットを脱いだときも抜かりなくカッコいいスタイルに変わります。

一方でスーツを購入したときに、お店に置いてある大きめの靴を履きながら、スラックスを調整する人もいるでしょう。
ですが、その調整する方法はおすすめできません。フィットしていない靴なので、スラックスの裾が高い位置でひっかかり、思ったよりも短く仕上がる危険性があるからです。
そのため、自分が普段履く靴にあわせて全身のバランスを見ながら整えると失敗が少なくて済みます。
一方で、最近流行しているクロップド丈の短めスラックスに、ローファーをあわせてスネをさらす着こなしも多いですが、エリート男性はこのような着こなし方をしません。
一般的なビジネススーツの着こなし方では、スネをさらすことは昔からマナー違反とされています。エリート男性に近づくなら、座って足を組んでもスネが見えない靴下を履いて大人っぽさをキープしましょう。

まとめ

仕事で毎日着るスーツも、少しだけ気をつかって着こなせばエリート男性に近づくことができます。
トレンドを取り入れるのも柔軟な変化があっていいですが、重要な商談などビジネスシーンなどでは正しくパリッと着ることで大人の余裕と品が増していくはずです。
自分に合う色やデザインのスーツを見つけて、カッコよく第一印象も上げていきましょう。
交際クラブやデートクラブに登録している方も参考にしてみてください。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ HOME > エリート男性に近づく!カッコいいスーツの着こなし方

過去のコラムはこちら