男性は必見!年下の男性がモテる理由について

投稿日 : 2019年1月9日

女性から、年下の男性というのはとてもモテます。本記事では、年下の男性がモテる理由についてご紹介します。
交際クラブ・デートクラブで良い出会いを探している人も是非、参考にしてください!

1、さんで呼ぶ

男性というのは、年上の女性の名前を呼ぶ時は、「さん」をつけるということがほとんどではないでしょうか。女性は、男性から、「さん」づけをされて呼ばれるというのに、非常に喜びを感じるということがあります。
年下の男性から、さんづけをされた時に、とてもキュンキュンするというような女性が多くいますので、年上の女性が好きになった男性は、女性の名前を呼ぶ時はさんをつけるようにしましょう。そうすることで、年上の女性からモテるということにつながります。

2、敬語を使う

年上の女性と話しをする時は、敬語を使うというような男性がほとんどではないでしょうか。敬語を使っている男性に対して、萌えるというような女性が多くいます。
女性から、敬語を使ってもいいよ!というように言われても、ある程度の期間は敬語を使っていた方が、年上の女性からモテるということにつながる可能性があります。年上の女性にモテたい!と思っている男性は、敬語を使うようにしましょう!

3、夢がある

年下の男性が、女性からモテる理由としては、夢を持っているということがあるからです。夢を持っていて、それにむかって頑張っている姿に対して、女性は非常に「かっこいい」というように思うという傾向があります。
男性というのは、年齢を重ねるごとに、夢を語らなくなってしまうという傾向があります。夢を語らなくなってしまう理由としては、自分に自信がなくなってしまうからです。女性というのは、自分に自信を持っていて、キラキラしているような男性を好きになるという傾向があります。
年上の女性の不倫相手が欲しい!または、年上の彼女が欲しい!というように思っている男性は、自分の夢について、語るというのが良いです。年上の女性に対して、夢を語るときに注意しないといけないこととしては、行動が伴っているのかという点です。したいことだけを言って、口だけになってしまっていると、女性からダサい!というように思われてしまう可能性がありますので、その点をしっかりと注意しておきましょう。

4、リードができる

女性の中には、男性をリードしたい!というように思っている人がいます。そのような女性は、年下の男性をリードしたいというように思っているという傾向があります。
年上の女性からモテたい!というように思っている男性は、ある程度女性がリードできるような関係性を作るように意識しましょう。女性がリードができる関係性というのは、相手に任せるというようなスタイルです。
デートコースは、年上の女性が決める。というような感じです。年下の男性をリードしたいと思っている女性に対して、リードをしてしまうと、恋愛対象外になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

5、甘えてきそう

年下の男性がモテる理由としては、甘えてきそうというようなイメージを女性が持っているからです。女性というのは、甘えるということが好きですが、甘えられるということもとても好きです。
そのため、男性から甘えられるということを望んでいるという傾向があります。年上の彼女が欲しい!というように思っている人は、年上の女性に対して、甘えるようにするのが良いです。
女性に対して、甘えてしまうと、頼りがない男性と思われてしまうのでないかというように考えている男性がいますが、そのようなことはありません。

女性に対して、甘えるのが苦手な男性は、少しずつ甘えるということに慣れていくようにしましょう!そうすることで、女性に甘えれるようになります!

6、まとめ

いかがだったでしょうか。女性から、年下の男性というのはモテるという傾向があります。年下の男性がモテる理由としては、「さんで呼ぶ」「敬語を使う」「夢がある」「リードができる」「甘えてきそう」というようなイメージを女性が持っているからです。
年上の女性を不倫相手にしたい!もしくは、彼氏にしたい!というように思っている人は、上記の点をしっかりと覚えておきましょう。男性の中には、甘えるのが苦手というような男性が多くいますが、年上の女性というのは、年下の男性から甘えられるということを望んでいるという傾向があります。そのため、できるだけ甘えれるようになりましょう。年上の女性に甘えるには、少しずつ甘えるのに慣れるという方法が良いです。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top