デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > ライバルに勝てるパパ活女子

ライバルに勝てるパパ活女子

パパ活をするために、勇気を出して交際クラブ・デートクラブに会員登録して「これでパパ達からたくさんサポートをもらえる!」とバラ色の未来を想像していたかもしれませんが、女性の会員数を調べると、ライバルのあまりの多さに尻込みしてしまったのではありませんか?

しかし、いくらライバルが多くても、愛されるパパ活女子になることができれば、多くの男性達から引く手あまただと思いますので、そのための方法を紹介していきます。

・パパを王様だと思う

よく「お客様は神様だと思いなさい!」というようなことがビジネスでは言われていますが、冷静になって考えてみると、一人一人のお客様を「あああ! 神様ー!」みたいな感じで崇拝することはなかなか難しいですよね。

まるで神様と接しているような気持ちで・・・というような対応をすれば良いのでしょうが、なかなか言っていることと、リアルに隔たりがありすぎるので、個人的には全くためにならないアドバイスだと感じています。

しかし、お客様に丁寧な対応をとらなければいけないのは事実ですので、何か別の捉え方をしなければいけません。

交際クラブ・デートクラブで 頑張っているパパ活女子も、パパに気に入られるためにはビジネス的な要素を取り入れていく必要があります。

そこで必要なのが「お客様は王様だ」という考え方です。 たくさん王様がいるのに違和感を覚える人は「パパは高貴な身分の人だ」というようなセルフイメージを持って男性とデートをしてください。

あなたが男性に対してそういう風に接してあげれば(なぜかわからないけど、この女性は他の女性と違って、僕に対してリスペクトをもって接してくれているな・・・)ということになんとなく気づくはずです。

「パパを王様と思う」という考え方にすれば、あなたのパパに対しての考え方や接し方も変わってくるでしょうから、それが男性にも伝わって非常に理想的な距離感で接することができるようになります。

この考え方は、ある意味ベースとなる考え方でしょうから、この考え方の上に様々なテクニックが付属してきますので、まずは無理矢理にでもこの考え方にしてください。

・怒ると魔王に変わる王様

パパ活をしていると、男性から素晴らしいサポートをしてくれることもあるでしょうが、たまに理不尽な目にあうこともあるでしょう。

パパとは世代が離れているのでジェネレーションギャップを感じるのは仕方ありません。 ですから先ほど述べた通りに、今接している男性を王様と思うことができれば、ある程度の理不尽には耐えられるはずです。

王様という存在はどのようなイメージがありますか? 王子さまと違ってなんだか理不尽な命令をしてきそうですよね。

それに気分屋で、機嫌がいい時にはものすごく家臣のことを考える理想の上司ですが、機嫌が悪い時には魔王のような振る舞いをして、家臣である部下を絶望のどん底に突き落とすことが何よりの喜びであるかのような振る舞いをしていますよね。

・カスタマーセンターで業務をしていると考えよう

何かの拍子に男性が怒ってしまったら、怒りを鎮めてもらうために結構な時間がかかると思いますが、その時にさらに燃料を投下しないように誠実に謝罪する必要があります。

「別に私は何も悪いことしてないですよ!?」というふうに納得できないところもあるかもしれませんが、相手は王様で魔王なのでそのような状況になったら、とりあえず謝ってしまった方が被害は少なくなります。

もちろん適当な感じで「あ、すみませんでしたー」みたいに謝ってしまうと、逆効果になってしまいますので、カスタマーサービスの業務をしているような気持ちでパパと接してみてください。

カスタマーサービスをしている人は、お客様からどんな理不尽なことを言われたとしても「大変申し訳ございませんでした」という対応をするでしょうから、それを見習いましょう。

もちろん、カスタマーセンターで業務をしている人も人間ですので、心の中ではふつふつとした怒りがマグマのように溜まっているでしょうが、プロフェッショナルな人であればそれをお客様の前で晒すようなことはしていないでしょう。

交際クラブ・デートクラブに登録しているあなたも、パパ活をビジネスの視点で見て、男性に対応することができれば、たとえ理不尽なことが起こったとしても乗り越えられると思います。

・あくまで素人っぽさを残した方がいい

先ほどの説明と相反するようなことを言っているような感じでしょうが、なぜ相手の男性がわかる女子を求めているのかというと、素人女性の初々しさを求めているからです。

なので、あまりにもマニュアルが徹底されているビジネス対応をされると、男性が引いてしまうので、ある程度の素人っぽさを残しておく必要があります。

難しい話かもしれませんが、男性というのは自分にマナーよく接してくれている女性が、慣れないことをする時に「ちょっと失敗しちゃいました・・・」という感じで恥ずかしがっている姿が見たいのです。

そういう女性に「しょうがないね、慣れていないだろうから僕が教えてあげるよ」という感じで、女性を助けてあげることに喜びを感じる生き物ですから、ある程度、男性が入り込めるスキを残しておかなければいけないのです。

それを意識的にできるようになれば、ライバルたちを押しのけて、あなたにデートのセッティング依頼が殺到するでしょう。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > ライバルに勝てるパパ活女子

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top