デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 恋人関係が崩れる前に知ってほしいタブー行動

恋人関係が崩れる前に知ってほしいタブー行動

男性と女性が恋に落ち、恋人になったとしても安堵にどっぷりと浸っていてはいけません。恋をする上で大事な信頼を失わないようにして行く為に相手にしてはいけない行動や言動を失敗例としてまとめました。
若年者の恋人たちにも重要ですし結婚を経て夫婦になった方たちにも読んでいただければ幸いです。交際クラブ・デートクラブでの素敵な出会いを持続したい方、些細な一言で丹念に構築された関係を壊す事がないようにして行く為にも参考にしてください

恋人同士が別れてしまうきっかけとなるにはついつい相手の名前を呼び捨てにしてもう夫婦気取りの方がいます。

恋人の中には気軽に呼び合うことで関係が保てている恋人もいますが、愛情が希薄で人前で名前を呼び捨てる事はお互いに愛し合っているとは言えるでしょうか?基本的に「言われて嫌なことは相手には行うな」この考え方も相手に愛情や思いやりがあるから実行できるのです。
夫婦の間でも「おい!」と威厳を露骨にむき出したいいかたはしないで名前で呼んであげれば将来起こる熟年離婚を回避できます。理不尽にきつく言われてしまうと女性としては虐げられているという感情が湧き、尊敬する事が出来なくなるのです。相手の事を尊重した行為を貫くことは大事です、しかし、それが一番難しいのです。

愛し合う恋人との関係を壊す原因は内部だけではなく、夫のちょっとした油断が恋の終わりを告げます。

ズバリ「浮気、不倫」女性からすれば奈落に突き落とされたような失意と絶望感が付きつけられます。
認めたくない現実との対峙で恋人同士なら即別れてしまう事ができます。降りかかった火の粉を手で払えばそれで済みますが、結婚をしてしまったもの同士の夫が不倫した場合、これからのことや離婚後の慰謝料について話たりとか一瞬にして修羅場と化します。それに加えて「社会的地位も失墜し、嫁はいなくなる、慰謝料で貯めこんでいた貯金も底をつく」といった事態になりかねません。もっと酷くなるケースとして不倫していた時本妻が妊娠していた場合、間違いなく子供の親権も奪われると言った事になってしまいかねません。

一度の過ちが人生の根底を揺るがす事態になります。また面白いデータがありまして、そのようなケースで離婚される事でその後の男女の生活には大きなギャップが生まれています。
女性の場合、臨時に入った大金である慰謝料で羽を伸ばしてのびのびと生きる一方、自分が起こした事に日々、後悔を募らせて生活をしていく事で男性は一人悲しく生きていくという運命が待っています。
浮気や不倫はリアルに分かりやすいですが仲が良かった時期には戻ることはできません。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉通り、浮気や不倫は自分自身で恋を断ち切ってしまう行為なのです。

浮気癖を持つ夫を持つと苦労しますが、度が過ぎた警戒心が関係の悪化を招きます。
スマートフォンが普及しているこの時代。やっぱり気になるのが相手の携帯浮気癖がある夫の場合は特別ですが、恋人同士ならお互いの人権を大事にしていく事は当たり前です。女性との着信履歴を気にして「浮気している」と妄想するのは早合点、相手側にすれば「なぜ信じてくれないのか」と怒りをにじませても仕方ありません。外で働いているのだから仲間と通話するだけで浮気者扱いはあんまりです。お互いが愛し合い、信頼関係を築いていればこのようなトラブルは起きません。話を裏返せばそこまで愛していることは素晴らしいですが、だからと言って相手を束縛する事はいけません。

人は誰であっても言った人からの束縛を嫌います。知らない間に相手を束縛する言動が多い方は控えてもらいましょう。日々の心無い言動が心に積もってしまえば余計な一言が関係性を壊す起爆剤になりかねませんので注意してください。
恋人であろうが人には踏み入って欲しくない部分があります。だから過剰に相手側の事柄には干渉する事を避けた方が無難です。円満な生活を送る為には細やかな配慮が必要な時もあります。干渉をお互いにしない恋人たちはいい関係を築けます。

人は良く結婚は墓場だと言いますが、本当にそうでしょうか?

お互いが敬意を払えばそういうことは感じない筈です。長く恋人関係や結婚生活を続ける為には言いたいことを抑えていく努力も必要かもしれません。妥協なしにして恋人関係はあり得ないのです。

現代の夫婦の形は昔のように「女は家事をして男は外に働きに行く」そんな凝り固まった形はすでに姿を変え、女性の社会的自立が確立された時代なのです。家事は二人で分担をして台所も男性にとっては新しい居場所になりつつあります。料理も今は男性もする時代、でも昔ながらの中高年者からみれば「男は弱くなった」と囁かれても家事に勤しむ男性は多くなっていきます。
このような家庭築く為には数えきれないケンカが絶えなかったかもしれませんがともに苦労を味わうことができればきっと離婚するという選択肢はない筈だと思います。年月をかけて成長するからこそ夫婦という愛の形は相手への思いがあれば不滅なのです。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 恋人関係が崩れる前に知ってほしいタブー行動

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top