デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 結婚の申し込みをする

結婚の申し込みをする

交際クラブ・デートクラブの出会いから相思相愛になってつきあいが始まって月日が経って…。
多くの人がそれだけでいいとは思ってはいないでしょう。
いずれは結婚という2文字が目の前にちらついてくるのです。
この記事では、プロポーズをしようとしている人に是非見ていただきたいです。

告白はリラックスした雰囲気の中でずっとつきあってきて、まだまだ結婚の予定が立たなくてもいつまでも現在のパートナーと現状のままでいいというわけにはいかないでしょう。

もちろん現在は結婚をしなくても、事実婚あるいは内縁としての関係も法律上、ある程度までは認められている部分もあります。
しかし、二人がより強固なつながりを持つには結婚という契約が必要となるのは間違いありません。
それでも昨今では、経済的な事情も含めて、結婚まですぐに踏み込むことができないという様々な事情があるのです。

そのような中でも将来の結婚を約束するという形で婚約という形があるのを多くの人は知っていることでしょう。

もっとも、正しい流れとしては、結婚を申し込む前に婚約の申し込みとなるのが一般的でした。
婚約の前提なしに結婚の申し込みをすることも当然できるのですが、現在の若い人は結婚の約束をした時点で婚約が成立したと思う人が少なくないようです。
婚約は結婚の約束という意味ですから間違ってはいないでしょう。
将来の結婚の約束として、現在でも婚約の形を取ることは別におかしなことではありません。
婚約は結婚と違って役所に届け出るような形式上の決まりもなにもないのです。
また民法上の規定もありません。
あくまでも、婚約は結婚をするための約束事になってしまうのですが、結婚の約束をしたということ結婚式の日取りが決まっているようなときはすでに婚約状態にあると考えていいのです。
実際には結婚の日取りが決まってからそれまでの期間を婚約といいます。
ですから、結婚の約束をしたといっても日取りが決まっていなければ婚約状態とは言えないということですね。
それでも、時代の流れか現在は結婚の約束がすなわち婚約状態と取ることが多くなっているようです。

出会いから親密な付き合いを経て結婚をしたいと決めたときには、まずは相手に対しての婚約の申し込みとなるのですが、これがまた相手の心情を考えなくてはいけません。

ですから、結果はわかっているとしても、なかなか決心がつかないでしょう。
しかし、いずれは言わなくてはいけないことですからあとは勇気を持つだけなのです。
それでも、いざとなったら腰が引けてしまうのはいたしかたないことかもしれません。
そうなると、婚約の申し込みのときはできるだけリラックスした雰囲気の中で行うようにしましょう。

相手のほうも、いつもと違う雰囲気を察して緊張しているかもしれません。

これまでのつきあいの中で二人は将来のことを話し合っていることでしょう。
改まって結婚の約束をしなくても…と思う人もいるかもしれないです。
しかし、男性はともかく女性のほうははっきりとした約束をしてもらいたいものです。
もっと言うなればしっかりとした印みたいなものが欲しいと思っているのです。

前述したように婚約には書類のようなものはありませんから、口約束にしか過ぎないのですが、それでも結婚に向けての様々な行事があります。

両方の親に挨拶に行かなくてはいけません。
挨拶と言うよりも男性の場合でしたら、やはり「お嫁さんにください」ということを言わなくてはいけないのです。
これは人生の中でももっとも緊張する場面なのではないでしょうか。

相手に対して答えを無理強いしない

あらかじめ口約束などでもいいのですが、将来のことを話し合っている二人の仲ですから、婚約を申し込むということもそれほどハードルが高いものではないでしょう。
それでも、一生に一度のことですから、後で振り返ったときに、あのときはどうだったとか、こうだったというように人生の節目節目で思い出すことのある大切なイベントです。
それに、あらかじめ相手の答えがわかっていたら安心なのですが、場合によっては勝算もなく相手の気持ちもわからずに婚約の申し込みをするということはかなり緊張するものです。
婚約の申し込みはそのまま結婚の約束をするということとイコールです。
ですから、大事なことは相手からの答えを無理強いするようなことはしないということが大切なのです。
申し込む方は熟慮に熟慮を重ねて、口上も考えに考え抜いて言葉を選んで婚約の申し込みをしています。
相手には当然のことですがそれに対する準備ができていないでしょう。
自分のことを考えても婚約の申し込みをするのに思い付きで言っているわけではなく、それまでに何日もかかってきたことを思い出すようにしたほうがいいと思います。

以上のことから、相手に対して即答を求めることはなく、自分も苦しいくらいに考えて考え抜いたことを相手に伝えましょう。

そして、相手にも十分に考える時間を作ってもらうことが大切です。
その場で即答を求めてしまうと、どうしても相手が窮屈に感じてしまいます。
いい答えを願っていて、かつそれが規定路線であってもあまりにしつこくその場での答えを求めてしまうと大どんでん返しもなきにしもあらずなのです。
出会いからここまで時間をかけてきたのですから、このあたりの詰めで答えを急いではいけません。
交際クラブ・デートクラブの出会いは、ここまでへの道のりの第一歩なのかもしれません。
しかし、第一歩を踏み込んだ勇気があるならば、その先のプロポーズもきっと踏み込めるはずです。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > 結婚の申し込みをする

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

入会をお考えの方は・・・

交際クラブ人気ランキング

交際クラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top