失敗して落ち込んでいる女性を励ますことがきっかけで親密になれる方法

モテの秘訣
投稿日 : 2018年11月02日

気になっている女性が仕事やプライベート、恋愛などでひどく落ちこんでいるような様子を目の当たりにしたら、あなたならどのように声をかけてあげられますか?
対象となる女性との関係性にももちろんよりますが、ここはひとまず交際クラブ・デートクラブで出会った女性であることを前提に考えてみましょう。

おそらく大抵の男性たちは、このような落ち込んだ女性を励まそうとして「大丈夫?」とか、「元気だしなよ」と前向きに捉えてもらえるような言動で元気づけようと試みることでしょう。
しかしこれらの言動はかえって女性たちにとっては逆効果のようです。
女性からの悩み相談の対処の仕方にもよくある共通項なのですが、基本的に女性は同調してもらったり共感してくれる相手の言動を求めていることが多いです。
なのでこういった場合ですと、「つらかったね」とか「自分も同じような失敗をしたことがある」など相手の目線や状況を受け止める行為から入るほうがより自然と相手も心を開きやすくなります。

「私とは考え方や価値観があきらかに違う」とか「あなたには到底私の気持などわかりっこない」と相手に思われてしまうと、素直な気持ちを見せてくれることは今後ももう二度とないでしょう。
ですので最初のとっかかり方は非常に大事なポイントとなるはずです。
これらのように、女性が仕事やプライベートでひどく落ちこんでいる時に男性側としてはどのような対処をすることで、親密になれるのかを今回は考えてみました。
関連する事例や参考文献などを調べてみましたので、いくつかこちらでもご紹介してみたいと思いますので、同じような境遇になった際には参考にされてみるといいかもしれません。

■励まし方の失敗例と成功例

先ほども少し触れましたが、基本的に女性の考え方として同調してほしいという意向や、共感してくれる仲間を求めがちな考え方というお話をしましたね。
落ち込んだ女性を励ます際に一番やってはいけないパターンとしては、上記のような考え方の真逆を連想させる言動です。
つまりは客観的な励まし方や、中身のうすい楽天的な言動などがそれに値します。
女性目線から考えてみると、おそらく自分の気持ちをどこまで理解してくれているのかと、同調や共感具合での交わり方とのバランスをはかっているのではと思われます。
共感できる比率が大きければ大きいほど、私の考え方や性格など理解してくれる範囲が大きいと感じ、安堵感や信頼度に繋がりもっとその人との親密度を深めても良いという結論に達するわけです。
これとまったく反対に、自分の考え方を押し付けてくるような男性には心を開こうとはしにくいものです。
私の気持ちなんてこの人は理解してくれない、あるいは理解しようと試みるスタンスがそもそもない、などと思われてしまうと精神的な距離を感じてしまうため、より親密になって深く知り合いたいという気持自体薄れてしまうのです。
女性が落ち込んでいるシチュエーションの際には必ず相手の目線に立ち、まずは共感や同調から始めることをお勧めしたいと思います。

■まずは相手の愚痴をすべて吐き出させることが大事

上記でご紹介したように、まずは相手の立場や目線にたって、気持ちに対して共感することが大事だということはわかって頂けたのではないかと思います。
ではその続きでなにをすべきかということになりますが、まずは相手が思っているマイナス思考な部分をすべて吐き出させることが重要です。
落ち込んでいるからということで、他のことに気持ちをそむかせるかのように、きを紛らわすような行動を促すパターンもありがちなのですが、結局根本的なネガティブが消えていない状態では何をしていても気が晴れることはほぼありえません。
その人の中で一旦すべて受け止めて消化させる行為がポイントになります。
それはしっかり相手の話を聞いてあげることが一番効果的だと考えられます。
話を聞きながら、わかるところは理解できているという旨をしっかり相手にも伝えてあげましょう。
その同調ポイントが多いほど、親密度も高まるはずです。
しかしむやみやたらにわかると同調したところで、うそはばれてしまいますので下手に同調アピールはしないことをお勧めします。
「真摯に向き合う姿勢」を見せることで、相手も腹を割って気持ちのたけを語ってくれるはずです。

■最後のまとめは相手に自発させる

散々愚痴を聞いてあげた後は、相手も少し楽になってくると思います。
ここで最後に誘導してあげたいポイントとしては、この後自分はどうしたいのか?目先の目標や改善案的なものを自発的に考えさせ、口に出させるように促すことです。
ここではじめて前向きなポジティブシンキングへと自然にスライドさせることができるんですね。
もう二度とこんな失敗はしたくないと強く感じている直後ですから、そのために自分はどうすればいいのか?ということを考えさせ、その想いを尊重しつつプラスアルファでの助言的アドバイスを付け加えてあげることで、更に前向きな思考が沸いてくるはずです。
失敗と成長は紙一重とよく言いますが、まさにこういったケースにおいて露呈されることが多いですね。

この記事を書いた人 サチコ

執筆者: サチコ

交際クラブサーチ編集部のサチコです。昼間はOLで働き、空いた時間にはパパ活をしています。色んなクラブに登録した経験を活かして、パパ活や交際クラブについて発信していきたいです!

過去のコラムはこちら

▼このページを読んだ方はコチラもオススメです▼

顔も体系も平均の自分は誰からもデートに誘われるわけない?平均的と言われた私が頑張った意外な結果をお伝えします。 

誰もが振り返る美女でなくても、平均的な普通の女性でも男性に声をかけられます。代表的な行動としては立ち振る舞いに気を付けたり、何よりも愛嬌のある笑顔やポジティブでいたりというものが一例です。この他にもありますが、平均的な女 […]

聞き役に回る男はモテる?パパ活女子との会話を盛り上げる方法~自分の話ばかりでなく、女性の話も聞いてみよう!

モテる男は聞き上手。自分が話すばかりでなく、デート相手の女性の話に耳を傾けることで、2人の距離は今以上に近づくことでしょう。 アプリや交際クラブで美女を捕まえたときには嬉しくなってついつい話しすぎてしまうものですが、基本 […]

30代アラサーだけどパパ活は可能なの?

パパ活をする女性の年齢層は20代から50代と幅広く、その年齢でなければやっていけないといったルールはありません。 とはいえ、若い女性の方が需要があるのは仕方のないところでしょう。 だからといって30代が諦める必要は全くな […]

交際クラブで年上の男性を怒らせてしまった行動5選!パパ活女子がデートの際に気を付けるべき行動とは?

たとえばデート中にスマホを触ったり、あくびや退屈そうになんてしたら男性はガッカリして失望します。機嫌が悪いときに偶然そのような行動を取ってしまったら、もしかしたら激怒されてしまうかもしれません。 こんなつもりじゃなかった […]