自分のタイプではない男性に告白された時の上手なかわし方

投稿日 : 2018年7月11日 恋の悩み・トラブル

男性から告白される、よく漫画やドラマで見る場面ですが、実際にそのような場面に遭遇すると思っていたよりもテンパってしまうものです。もちろん異性から好きだと言われて嬉しくないことはないですし、正直嬉しいものでしょう。
それは自分の好きな男性であれば尚更嬉しいものですが、例えば交際クラブ・デートクラブで紹介された相手がもし好みではない男性の場合、もしくは苦手としているタイプの男性だとしたらちょっと困ってしまいます。断らなければなりませんが、断り方にもコツがいります。
今は告白を断っただけで傷害事件にまで発展することも多い時代なので、断る側の女性にもある程度の配慮が必要です。思いやりのないような態度を示したり、男性のプライドを傷つけるような言い方をすると後々ストーカーになってしまったり、恨みから刺されてしまったりすることもあるからです。では好みではない男性から告白された時はどんなふうに穏便に断れば良いのでしょうか?

ではここから、 自分のタイプではない男性に告白された時の上手なかわし方について具体的にご紹介していきたいと思います。異性からよくモテるものの、好みではない男性への断り方に悩んでおられる方は是非参考にしていただきたい情報です。

1、曖昧に断らない

好きな人から告白を断られてストーカーに走ってしまったり、なかなか諦めきれずに片思いを引きずっている原因には、相手がはっきりと断ってくれなかったということが関係している場合が多いようです。
告白をする側も、断る側もどちらもを勇気が要るものですから、なんとなく曖昧にごまかしてしまうという気持ちは分からなくはないですが、好きな方としては曖昧にされればされるほどどうして良いか分からなくなってしまい、なかなか気持ちを吹っ切ることができなくなってしまうのです。はっきりと断られたり、もう可能性がないということが十分に分かれば気持ちを断ち切ることができ、次の恋愛に踏み出すことができるのですが、相手の態度が可とも不可とも取れる場合にはつい期待してしまい、どんどん執着が強くなってしまいます。なんとかね晴れは行けるのではないかと思わせてしまい、強行に走ったり、余計に執着されるなどの被害になってしまうのです。ですから本当に付き合う気がないのであれば、もしくは自分の気持ちが変わる可能性がないのであれば、はっきりと断ってあげることが相手のためです。断られた側もその時は本当につらいですが、きちんと諦めることができれば引きずることなく、新しい恋愛を見つけることができるようになるでしょう。

2、友達から始めることを提案する

もし告白してくれた男性が自分のタイプでなかったとしても、もしかしたら将来自分の気持ちが変わる可能性があると少しでも思えるような人であるならば、友達から始めることを提案してみることもできるでしょう。
本当に可能性のないタイプの人であればこの方法はかなり危ないですが、付き合えば自分の気持ちが変わるかもしれないというぐらいのタイプの異性であるなら、友人関係からはじめてみても良いかもしれません。もちろん相手はそれで納得してくれるかどうかはわかりませんが、はっきり可能性がないと断られるよりは随分マシでしょう。
ただしこの方法も十分に気をつけなければならないのは、きちんとしたボーダーラインを決めておかなければならないということです。友達から始めることを自分から提案したわけですから、きちんとそれを守らなければなりません。自分の気分次第で彼氏のような扱いをしたり、友達関係になってみたり、そんな曖昧な関係を続けているとトラブルの元になってしまいますから、きちんと友達のボーダーラインは守りましょう。

3、明確な理由を告げる

告白を断る時には、きちんと明確な理由をつげてあげることはとても親切なことです。
もし自分が告白した側の立場だったら、断られた理由がわからずにモヤモヤするよりも、明確な理由があって断られた方が気持ちが吹っ切れやすく、諦めやすいのではないでしょうか。
他に好きな人がいるとか、すでに付き合っている人がいるとか、 今は恋愛で時間を割いている暇がないとか、異性として意識できないとか、恋愛に興味がないなどのはっきりした理由を告げてくれるなら、潔く諦めることができるでしょう。男性がどんなに努力しても変えることのできない状況と理由があるならば、諦めざるを得ないでしょう。

まとめ

ここまでで自分のタイプではない男性に告白された時の上手なかわし方について、具体的に紹介してきました。一つは曖昧な断り方をしないこと、友達から始めることを提案してみること、明確な理由をつげてあげること、このような方法がありました。誰かの気持ちを受け止めることができず断らなければならないというのはとてもつらいことです。もちろん好きではないのでしょうがないことなのですが、告白した時の緊張や告白を断られる時の辛さを知っていればなおさら断るのが辛いことでしょう。でも全ての人の気持ちを受け入れることができるわけではありませんから、断るなら断るで最低限のマナーを守って、相手の気持ちに配慮を示しましょう。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top