本当は好きなのに・・・「好き避け」はどうして起こるの!?

投稿日 : 2018年7月2日 恋の悩み・トラブル

好き避けとは、好きな気持ちがあるのに素っ気なくしてしまう対応を言います。
好き避けする人は異性経験の少ない、内気な性格の人に多いみたいです。
たとえば、話しかけても無言……とか、あなたの顔を見ただけで離れていくような場合です。
避けられた方としては、「もしかして、嫌われてる!?」などと思ってしまいますよね。
実は、好かれていたという場合も少なくありませんから、「好き避け」を見分けるようにしましょう。
また、好き避けとよく似た「嫌い避け」との違いについてもご説明します。
交際クラブ・デートクラブで出会う素敵な異性にもこういう態度をとってしまいがちなあなたは必読です。

<<好き避けを起こしやすいタイプは?>>

●異性経験の少ない人

異性経験が少ないから、話しかけられても、うまく返事をすることができなかったりするみたいです。
とくに、男子校出身者や男の家族しかいなかったりすると、異性とどう接したらいいのかわからない場合があります。
また、性格が内気で口ベタな人なども、普通に会話できるようになるまでに時間がかかるようです。
そのようなタイプの場合だと、仲良くなるまでに苦労することがあるようです。

●好かれるのが苦手な人

他人に恋愛感情を持たれるのが苦手な人がいます。
好かれていると思うと、自意識過剰になってしまうと申しましょうか、対応するのが面倒くさくなってしまいます。
過去に恋愛がらみで何か嫌な経験をしたなどということも、関係しているかもしれません。
ビジネスライクな対応が得意ですから、ある程度距離があれば、対応できるのではないでしょうか!?

●警戒心の強い人

親しげに近づいてくるのは、何か裏があると勘ぐるタイプの人です。
好きな人ができたとしてもずっと片思いのことがあり、異性を遠ざけてしまう傾向があります。
警戒心の強い人は、「自分に自信が持てない……」などということもありそうです。
相手がどんな人なのかがある程度わかってくれば、警戒心も徐々に溶けてくるかもしれません。
警戒心の強い人を好きになってしまった場合は、信頼関係を築くところから始めることでしょう。

<<嫌い避けとの違いはどこ?>>

好き避けは、嫌い避けとよく似ているため、カンチガイすると恥ずかしい思いをすることがあります。
「この人、私のことを好きなのかしら!?」などとカンチガイをして恥をかかないためにも、「嫌い避け」と見分けるようにしましょう。

好き避けの場合は、目が合うとそらされたりするようです。それでも、頻繁に目が合うようであれば、あなたのことを見ているということなので、好意が感じられます。
嫌い避けの場合は、意識して目を合わせないようにしています。本人に直接言わなくても、周囲の人に嫌いなことを打ち明けていたりします。
職場の飲み会などで、いつも遠く離れた席に座っているような場合は、嫌い避けの可能性が高いでしょう。
好き避けの方は、興味を持ってくれていますから、そばにいたがるようです。
話しかけると避けるけど、いつもそばにいたがる、好き避けを起こすタイプの人は、そんな裏腹な気持ちを抱えているようです。

<<好き避けの対処の仕方>>

好き避けと嫌い避けを見分けるのは難しいですから、こちらから接近するしかありません。
何度か話しかけて笑顔が見られるようになれば、好き避けだった可能性があります。
好き避けを起こすような人は、心の底では話しかけられたいと思っていますし、仲良くなりたいと考えています。
自分の感情がうまくコントロールできずに、好きな気持ちが空回りしてしまうだけです。
異性慣れしていなかったり、他人との会話が苦手という場合もあるでしょう。

しかし、嫌い避けの場合は、できるだけ関わり合いになりたくない……と思っていますから、態度が変わるようなことはないでしょう。
自分の嫌いな人に話しかけられれば、短時間でも不快な気持ちになっていきますから、態度から嫌われていることがわかるのではないでしょうか?
嫌い避けだと思ったら、できるだけ話しかけずに距離を置き、接触が必要な場合は他人に頼むようにするといいかもしれません。

好き避けの場合も、すぐには自然に会話などできないように思いますから、時間をかけて近づきましょう。
もし、メールなどができるようであれば、面と向かって話すよりコミュニケーションが取りやすいと思います。
メールが慣れてきたら電話というように、会話しやすそうなものから入ると良いでしょう。

好きな人に対しては好き避けしてしまうけど、好きでない異性とは自然に会話できるという人もいます。
そういう人の場合は、会話に慣れることができれば、意外に早く接近することができるかもしれません。
しかし、対人関係が苦手で異性はさらに苦手……というような人の場合だと、仲良くなるのもなかなか難しいかもしれませんね。
好き避けするような人を好きになった場合は、お付き合いできるようになるまでに根気がいります。
好き避けをその人の個性だと思って受け止めることができれば、時間はかかったとしても仲良くなれるのではないでしょうか。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top