デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > 蘇る!あの頃の恋話

蘇る!あの頃の恋話

未成年の主張

V6は言わずと知れた人気アイドルグループだ。彼らが1997年10月から11年間メインキャスターを務めた「学校へ行こう!」という番組をご存じだろうか。なかでも「未成年の主張」はこの番組を代表するコーナーであった。私も――当時高校1年生だったが――その番組は欠かさず見ていたし、翌日の教室はいつもこの話題で持ち切りになるほど人気だった。

高校3年生の文化祭で「未成年の主張」をやろう!という声があがった。過去の文化祭でも幾度となくあがった企画だったが、全校生徒の目の前で日頃言えないことを主張するなど、恥ずかしくてできるわけもなく、企画自体が潰れる。今回もそうなるだろうと、気持ちはすでに運営会議後の部活動に向いていた。グラウンドを駆けるサッカー部を遠くに見ながら耳を傾けていると、ん?何かおかしい。あれやこれやと話が進み、いつの間にかやる方向で話がまとまっていた。敏腕運営委員長、八神くんの然らしめるところであった。
文化祭当日の流れはこうだ。滞りなくすべてのプログラムを終え、後夜祭。運営委員会設置の箱にクラスと氏名、主張したい内容をざっくり書いた用紙を投函した者の中から事前に選ばれた主張者が、名前を呼ばれた順に屋上へあがる。もちろん、終盤に向けて盛り上がるよう、運営委員会は裏で手を回し、名前を呼ぶ順番を決めていた。最後の主張は片思いの相手への告白になるのが、オリジナル通りのお決まりパターン。よくできたシナリオだ。

 後夜祭。全校生徒がグラウンドに集合し、主張者と運営委員三役、そして私を含む一部の運営委員が補佐のために屋上にあがっていた。建築中の新校舎の脇にあるプレハブ校舎。先刻屋上と言ったが、正しくは金属屋根の上に直に立っている状況だ。グラウンドとの高低差は6メートルほどで、投光器に照らされた全員の顔をはっきり見ることができた。

「続きまして――」

運営委員長の進行で主張と笑い、拍手喝采が幾度か繰り返され、最後の“告白”がきた。名前を呼ばれた男子生徒が前に出て、マイク片手に女生徒を名指すると、全員の視線を浴びた彼女の頬がポッと赤く染まる。親友だった。マジか。後輩から告白されるとか、マジか。彼の告白に対する彼女の答えは“Yes”だった。

「おぉーー!」
「おめでとーーー!」

全校生徒からの祝福を受け、先輩後輩カップルが誕生した。「未成年の主張」も無事終わろうとしていた時、ちょっとちょっとと手招きする、運営委員長八神くんの姿が目に入った。

「なに?」
「実は皆さんに、もう少しお付き合いいただきたいのです!未成年の主張!」
「――ッ!」

後退り、その場から逃げようとした私の腕をむんずと掴むのは、同じクラスの運営委員の女子だった。マイクを向けられているため悪態もつけぬまま、群衆の視線にさらされる。

「俺には好きな人がいます!」
「おぉぉぉ!だーれー!」
「同じ運営委員会で、今ここに立っている……3年4組の……●●●●さんです!
ずっと前から好きでした。俺と付き合って下さい!!」

恥ずかしさで死にそうだった。手を触れなくてもわかる頬の熱、全力疾走した後のように飛び跳ねる心臓。別に彼のことは嫌いではなかった。いや、むしろ……好き……だった。だが、勉強も運動もできる彼に好意を抱く女子が多ことは知っていたし、私など眼中にないと思って最初からあきらめていたのだ。まさかの告白に声が出ず、それでも息を詰まらせながら、ようやく紡いだ言葉――。

「――はい」
「おぉーーーーー!」

文化祭は大成功に終わり運営委員会は解散した。八神くんとは晴れて彼氏彼女になったが、お互い高校3年生ということもあり、大学進学で離れてしまうことはなんとなく覚悟していた。地元の大学に進学した彼と上京した私。結局のところ1年半くらい付き合って別れてしまった。けれど、あの時のドキドキは、今もふとした時に思い出される――。

あのテープはどこ?

誰にでも思い出しただけで、恥ずかしい恋があると思う。私の場合は、中学時代の初恋だ。
普通、男子は男子でグループを作るのが普通らしいが、私が所属していた2年B組は、男女の仲が良く男女混合の仲良しグループが多かった。
私もそんなグループの1つに参加していた。恋のきっかけは、確か学校主催の安達太良山への旅行だったと思う。

この旅行では、各クラスが趣向を凝らして他のクラスの前で余興を見せる事になっていた。イベント大好きなうちのクラスは、寸劇をする事になった。
クラス委員みずから書き下ろした台本で、帰宅時間ぎりぎりまでの一生懸命練習したものだ。
ちなみに私の役どころは、悪代官!その時の私のパートナーの町娘Aが、初恋のIちゃんでした。毎日、二人で遅くまで練習し、本番は、しっかりと笑いを取って大成功。
二人で大満足のVサイン!!その時、あれこの子可愛いんじゃない?と思ってしまったのが運の尽き。クラスの仲良しグループで一緒だった事もあって、何かと目で彼女を追うようになってしまった。
なにぶん、初めての事で何をしてよいか分からず、日に日に大きくなる気持ちをただただぶつけて楽になりたいと、告白を決意!!
近々やってくる彼女の誕生日をXデーと決めプレゼント作りを始めました。
そこで私は、最悪のチョイスをしてしまう。初めての恋に酔っていた私は、あろう事か当時聞いていた甘い恋の曲をカセットテープにダビング!!
告白と一緒に渡すという愚行を犯してしまった。告白の結果は、もちろんバツ。その時のカセットテープはどうなったのかは、もちろん、今現在もわからない。

1 2 3 4 5 6 7 8

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > 蘇る!あの頃の恋話

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top