デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > あなたは違いますか?非モテコミットゆえの勘違い2選とその脱出法

あなたは違いますか?非モテコミットゆえの勘違い2選とその脱出法

非モテコミットという言葉を知っていますか?
作家・ブロガー、そして漫画原作者である藤沢数希さんが作った言葉であり、「ぼくは愛を証明しようと思う。」という著書の中で紹介されました。
非モテコミットとは「恋愛工学」で提唱された概念のことです。
恋愛工学とは男女間の恋愛・交際において、色々な学問を”恋愛”というフィールドに落とし込み、発展させていく学問のことを言います。

人は非モテコミットによって、数々の勘違いを起こしてしまいます。
そこで今回は非モテコミットの実態、そして勘違い2選について紹介していくとともに、非モテコミットから脱出するためのアイデアをお伝えします。
非モテコミットしていないか、ご自身でもちょっと確認してみてくださいね。

⚫︎非モテコミットとは

非モテコミットとは、男性が1人の女性を追い求めることで、男性が自分の良いように様々な妄想そして勘違いをしてしまうこと。
女性に完全に夢中になってしまい(コミットする)ために、モテるオーラがどんどんなくなります。
余裕・自信といった、魅力的な男性には必要なモテるオーラがなくなるということは、女性のほうが優位になり、男性の立場が弱くなります。
視野が狭くなった男性、その男性からのプッシュが重なると結果、女性がこの男性は重いと感じ、去っていってしまいます。

1人の女性を追い求めることは言ってみれば”誠実な男性”。
浮気ばかりしている男性と比べて素敵なのではと思う人もいるかもしれません。実際、誠実な男性もいるでしょうが、非モテコミットの男性の違いは、女性が男性のことを好きなのではという「勘違い」、そしてそこから妄想が止まらず、女性をある意味ほっとおいて自分だけで盛り上がり突っ走っているというところでしょう。
女性への気遣いができていませんね。
欲求不満の男性が女性にちょっと優しくされたことから簡単に好きになり、もうこの女性しかいないと必死にアプローチしてしまいます。

⚫︎非モテコミットになる男性のタイプ

非モテコミットになる男性のタイプをみていきましょう。
原則、あまりモテない男性です。そして恋愛経験が少ない男性、恋愛の免疫がついていないということですね。
ですから、自分でもモテないということを分かっていてネガティブになり、女性と出会わないというサイクルに陥っているところに、たまたま出会った女性がちょっと優しくしてくれると突っ走ってしまうのがこのタイプなのです。

そしてそれは以下のようなサイクルがあります。女性側からみてみましょう。
①ある男性から追いかけられる
②男性の勝手なペースが嫌になる
③この男性は他の女性にまるで相手にされていないのでは?と思う
④それならば魅力のない人なのでは?と思う
⑤だったら私もそういう男性はいらないと思い、
⑥男性から去っていく

では勘違いの実例2選を具体的にみていきます。

⚫︎勘違い①女性のちょっとした優しさは自分のことが好きだから

女性にちょっとした気遣いをしたら、「ありがとう」と言われました。至って当然のことですが、非モテコミットだとそうはいきません。
女性が男性の目をみて感謝の言葉を言った、これを非モテコミットな男性は、「自分にこんなに優しくしてくれる」「自分にとって運命の人かもしれない」など勘違い、そして妄想が始まります。
女性にしてみたらしてくれた事へのお礼を言っただけなのに、男性の心の中ではもう交際相手候補にまで女性の立場が進んでしまいます。どんなデートスポットに2人ででかけよう、人気のレストランを予約しようなど、情報収集にも余念がありません。
そして女性に対して必死になって追いかけますが、もちろん女性にとっては迷惑な話ということにもなり得るのです。
相手との距離感をうまく取れないアプローチは、余裕のない行動に結びつき、モテる男性が好きな女性にとっては女性の気持ちがわからない面倒くさい人、と取られてしまうのがオチでしょう。

⚫︎勘違い②女性の態度が冷たいと感じる

勝手に自分だけで盛り上がっている男性。女性の気持ちを考えずに自分の気持ちだけを押し付けようとするので、女性にとっては迷惑な話になることも。
その場合、女性はこの男性を避けようとします。
すると男性は、交際相手でも何でもない女性なのに、会っても自分の思うような反応が女性からない、LINEなどでメッセージを送っても何もかえってこない、などと男性の独占欲が満たされないとき、どうして女性の態度が冷たいのかと、あれこれとこれも勝手に悩みます。
女性にさらに詰め寄ってどうにかしようとするものの、女性にとっては不気味な感じさえあり、次のステップに進むどころかこれ以上、友達としても付き合っていたくないと避けられることもあるのです。

⚫︎非モテコミットから脱出するには

非モテコミットの一番の問題は、視野が狭くなること。
自分の中に体験や知識の量が少ないため、味方や思考の方向性に柔軟性がないことではないでしょうか。
女性の言動に対する自分の取り方にも限りがあったりします。さらにその受け取り方も自分中心であり、自分にとってどうかという点が一番のポイントになるので、相手を思いやることが難しいのです。
こういう人は総じて、自分の思っていることに疑問がなく、自分が一番正しいと頑固であったりもします。

恋愛だけでなく仕事上であったり、何かとトラブルがよく起こると感じる人は視野が狭い可能性が高いです。
まずは自分自身で「視野が狭いかも」という疑問を持ってみましょう。
そして客観的に物事をみる、世界には色々な考え方の人がいる、ということを意識して考えるようにします。
視野が狭い=世界が狭い、ということでもありますので、何か新しいことにチャレンジしてみたりして今までと違う世界をみる、またそのコミュニティにいる人との出会いも良い影響があります。

その違いを面白いと感じられるようであれば、非モテコミットから脱出したと言えるでしょう。

いかがでしたでしょう。
大人の男性として、非モテコミットと自分だけの世界で空回りをせず、しっかりと相手の気持ちを考えられるようになりたいですね。
自信をつけて交際クラブ、デートクラブに登録してみるのもよいでしょう。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

デートクラブ選びの交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > あなたは違いますか?非モテコミットゆえの勘違い2選とその脱出法

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top