結婚したら何だか変わってしまったと感じる女性心理の傾向

投稿日 : 2018年9月11日

交際していた時は温厚で優しかった彼女が、結婚して子供ができたりすると急に性格が変わったかのように、あたりが厳しくなったというような話をよく耳にします。
私の周りの友人でもそういった経験をしている方が多く、そのあまりの変わりように困惑する姿をよく目にしています。
女性の心理として、恋愛中と結婚後の考え方は男性とは大きく異なる場合が多いようにも見受けられます。

男性とは違い、女性はより現実主義で利己的な考えの方が多く、理想を求める男性と結婚後に家庭内で意見が衝突してしまうというケースは免れないのかもしれません。
男女で根本的な思考の違いということは当然ありますが、夫婦間を円満にすることや家族の絆をもっと深いものにしたいと前向きに考えている夫婦にとっては是が非でもお互いに理解しあい、譲り合っていかなくてはならない永遠のテーマなのかもしれません。
そこで今回は、結婚後に変わってしまったと感じる女性の傾向パターンでどういったものがあるのか、リサーチしてまとめてみたいと思います。
交際倶楽部・デートクラブで真剣交際を求めている方必見です。

■異性として意識しなくなった

交際中の時は彼氏・彼女という関係性で、お互いのことを異性として意識している部分が多いと思われます。
しかし結婚を期に異性としてではなく、いち家族として見られる傾向が多くあります。
男女関係として長く持続させている夫婦も中にはいますが、大抵の場合は特に子供ができた際に恋人から家族へと立ち位置が自然とシフトチェンジしていきます。
子供のお父さん、お母さんとして周りからも認識されることも増え、男性・女性として扱われる機会も段々と少なくなっていくこともひとつの原因なのかもしれません。
家庭内でお互いを呼びあう際にも、パパ・ママとかお父さん・お母さんなど子供の目線で会話をすることも増えますので、交際時のように名前やニックネームなどで呼び合うような関係性とは異なってくることも影響してくるのではないかと思います。

■自己主張が激しくなった

交際中はできるだけ良く見せようと理性を抑え、我慢している女性も多いのですが結婚すると、急にわがままなことを言うようになったり、夫の言い分を聞いてくれ亡くなったりするケースが多いです。
結婚した男性が奥さんに対しての愚痴をこぼす際によく口にする「結婚してから変わってしまった」とぼやく、まさにそのポイントではないかと思います。
元々控えめだった女性にかぎって結婚や出産を機に自己主張が強くなるケースが多く、男性の多くはそのふり幅の大きさからくる戸惑いに不満を感じている方も多いようです。
それに伴い、交際時に比べ言い方がきつくなってしまったり、態度が少し横柄になってしまったりと、相手をたてたり敬うような行為が段々とおろそかになりがちになってしまうと、夫婦間の関係性も次第に悪い方向へと進んでしまう可能性もありますので、要注意事項とも言えます。
しかし考え方によっては素直な自分を受け止めてほしいとある種甘えられているとも考えられます。
信用している、心を開いているから本音でぶつかり合えるし、彼ならきっと私の想いも受け止めてくれると感じることができるからこそ、そういった態度や発言に歯止めが利かなくなるという考え方もあるかもしれませんが、なかなか男性からするとそこまで大人な思考を持ち合わせたひとはまれでしょうね。

■連絡を取り合う回数がへり、必要最低限の表現のみになる

交際時には会えない日でもこまめにメールや電話など、連絡をとりあったりかわいい絵文字やスタンプなどでたわいもないことで楽しくコミュニケーションをとっていたのに、結婚したとたん、買い物の頼み事や家事の手伝ってほしいことなど、必要最低限の伝達事項くらいしか連絡を取り合うことがなくなったり、メール文の内容などもそっけない感じのものであったりと、変わってしまう傾向が多いようです。
女性からするといつまでも恋人気分ではいられないと、感じている方も多いのでしょうか?
男性からするとそっけない返信だったりすると少し寂しい気持ちにもなりますね。
たまには楽しい会話のメールでやりとりして気分転換に何気ないことをやり取りしてみると、新鮮でまた普段と違った気持ちにさせてもらえるかもしれません。

■金銭面にとてもシビアになる

彼女がかわってしまったと思うことの中で、特に金銭面に対しての価値観が変わることはもっとも印象が強く感じるのではないでしょうか?
それまではお互いが自分のお金で好きなことをやりくりできていたことが、家族や夫婦間になると生活をする上での大事なお金へと変わってしまいます。
今までできていた趣味や自分磨きなどに対して、自由にお金を費やすこともできなくなりますし、娯楽や嗜好といったものは優先順位としても限りなく低く扱われてしまいます。
生活にたとえ支障がないほど安定した収入があったとしても、娯楽的なものにお金を使ってしまう行為自体が気にくわないとされることが多いです。
そんな余裕があったら貯金や生活費の足しにでもまわしてほしい・・・と思う女性がほとんどのようです。
そうなると男性も自由にお金が使えないので肩身の狭い思いなど虐げられることも増えてきます。
たまにはそういった娯楽に対しても理解を示してくれる、心の広いパートナーの女性であると嬉しいですよね。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top