結婚すると奥さんに受け入れられにくい男性の趣味やこだわりあるある

投稿日 : 2018年8月31日

交際倶楽部・デートクラブに登録してる方達にもいつかは結婚をと考えている人も多いでしょう。
恋愛と結婚は別物とよく言われますが、根源としては色々な観点があります。

このテーマは実際にどちらも経験している方であれば、痛いほどよくわかるあるあるネタが多数ありますが、結婚したことがない男女であればもちろん予想や周りからの話で聞いたことがある程度なので、どの程度の違いがあるのか?あるいはそこまで違いはないのではないか?と考えている方もいるかもしれません。

こういった話の中で特に注目されるのは、男性の趣味やこだわりについてです。
女性は比較的柔軟性に長けており、目的や目標のためには自制したりする能力に優れています。
なので独身のときに趣味でいろんなことをやっていたとしても、結婚や出産を機に生活において必要ない、あるいは優先順位として考えた際には限りなく低いものと判断されれば容赦なくきれいさっぱり切り捨てることもできます。
反対に男性は独身時代でも結婚しても趣味やこだわりをやめることができず、継続している人が比較的に多い傾向にあります。
男性は夢やロマンを追い求めて、大人になっても子供の頃に抱いた好奇心や憧れを抱く気持ちをいつまでも忘れないという方も多く、またその想いが力となってビジネスにつながっているという方も少なくありません。

これらのことから物事へのこだわりや好きなものに対する執着心は男性のほうが圧倒的に強いといえます。
上記のように将来的なステータスにつながったという良いパターンの例はさておき、大抵の趣味や道楽と称されるこだわりは、結婚とともに奥さんには受け入れられない、あるいは許しを請うことができない場合がほとんどです。
それは女性の考える現実的な理性と、男性の追い求める理想への追及心がうまくかみ合わない結果とも考えられます。
今回は特にそういったケースにおいて、女性つまりは結婚後の奥様に受け入れられにくい男性のこだわりや趣味をリサーチしてみましたので、いくつか事例をご紹介してみたいと思います。

■とにかくお金がかかるもの全般

生活の水準であったり、出資と収入のバランスなど夫婦の家計状況にもよりけりですが、その多くは将来にむけて必要であるか否かで線引きをされることがほとんどです。
これまで個人所有であった金銭の権限は夫婦になると二人で共有することが多くなります。
メリットもデメリットも双方ある中で、夫婦生活や将来のことを考える中で奥さんが無駄だと感じる出費のかかる趣味やこだわりのものすべては、比較的反対されることが多いです。
女性のタイプによっては旦那さんが好きなことをしている姿が好きだという方もいるかもしれません。
そういった女性であれば許容範囲内であれば、好き勝手にさせてくれる方もいるでしょうが、一般的には生活面においておかれている状況でその辺も大きく変動してくるものです。
男性にとってはこれまで当たり前のように振る舞ってきたこだわりのポイントや、ライフワークとして一生懸命取り組んできたものをあきらめなくてはならない可能性がでてきます。
それでもどうしてもこだわりや趣味を続けたい場合は、男性側がそのこだわりに対してどの程度の重要度を感じているのか、それを続けることの意義や自分にとってどれほど大切なものかをパートナーに理解してもらう必要性が出てきます。
がんばって説得し、相手の納得を得るほかないんですね。
大抵の趣味やこだわりはお金がかかるものです。
ただ単に出費というわけではなく、なにかしらの形やこやしとして残るものであれば、比較的に理解を仕手してくれる可能性も高くなるかもしれません。

■百歩譲っても特に受け入れられにくいもの

上記で挙げたような形に残るものや、人生のこやしになるようなものは比較的に共感をえられやすいためか、結婚後も男性はその趣味やこだわりを継続しやすいものです。
しかしあきらかに無駄でしかないもの、また特に女性には理解しがたい項目であるとなおさら受け入れられにくくなる可能性が高いです。
代表的な事例で言えば、ギャンブルやコレクション収集などが挙げられます。
特にギャンブルの趣味は女性に嫌われやすい傾向が最も強く、結婚後はもめ事の原因にもなりかねません。
軽い趣味程度であればまだ改善の余地があるものの、どっぷりのめり込んでしまっているような男性であれば、家計にとっても悪い影響を及ぼす場合もあります。
とっておいた生活費にまで手を付け始めてしまっては大問題に発展してしまいます。
他にも意味のない収集やコレクションなども受け入れられにくい趣味のひとつです。
興味のない奥さんにとってはただのガラクタなのに、想像もつかないくらい高額な付加価値がついていたり、またコレクションを飾るために部屋のスペースを無駄に有するため、邪魔で仕方がないという意見も多数あります。
ただ置いておくだけのものに奥さんは付加価値を見出すことはできないでしょうね。
これらの男性にありがちな趣味や嗜好は独身時代にすべてケリをつけて精算しておくほうが無難であるかもしれませんね。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top