あれ?好きかも・・・。男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間

投稿日 : 2019年6月28日

人を好きになる瞬間はいろいろなところにあふれています。
交際クラブ・デートクラブで出会いを探している人も誰かを好きになる瞬間を心待ちにしている筈。
一目ぼれもそうですが、これまで友達だって思っていた女性を好きになる瞬間もあります。

でも、友達だったのに、いつどんな時に好きな人へと変わるのでしょう?

男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間をリサーチしてみました。

■男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間その1「色っぽさを感じた時」

友達と思っている時には、「女性」と感じていないことが多いです。
いつもは一緒にはしゃいで楽しいだけの関係だったのが、
「女性」を感じた瞬間に
友達から好きな人へと意識することが多いようです。

そこで大切なのはギャップ。

いつもはボーイッシュだったり、元気いっぱいの女性が、
ふと色っぽいしぐさをしたり、
近づいた時にいい香りがしたり。
髪をまとめた時にうなじがきれいでドキッとしたなんて話も耳にしますよね。

「女性」と意識していないのに、女性らしさを感じた瞬間、
男性は心をぎゅっとわしづかみにされてしまうようです。

ただ、あざといのはNG。
あざといアピールは男性をひかせてしまいます。

ファッションで言うと、胸をアピールするというよりは、
鎖骨あたりや、手首、足首などをさりげなく出したほうがセクシーに感じられるでしょう。

本当にさりげなく「女性であること」を意識させることが大切のようですよ。

■男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間その2「ボディタッチ」

男性に女性を意識させる方法として、「ボディタッチ」も効果的。
…とよく言われますよね。
でも、わざとらしかったり、過剰なボディタッチは厳禁です。

飲み会や、普通の会話の時に肩を触ったり、太ももを触ったりという、
過剰なボディタッチは、逆に男性をひかせてしまう可能性もあります。
また、周りから見ていてもいい気はしませんよね。

おすすめなのは、彼のことを呼び止める時。
「ねえ、○○くん!」
と呼びながら、二の腕あたりをつかんでみましょう。

二の腕ってあまり人に触られる部分ではないので、
ふいにつかまれるとドキッとしてしまいませんか?

話ながらのボディタッチはわざとらしく感じるかもしれませんが、
呼び止める時なら自然ですし、
不意打ちなのでドキッとさせられるはずですよ。

■男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間その3「相談された時」

いつも一緒に騒いでいて、友達としか思っていなかった女性。
その女性が、急に「相談があるんだけど…。」
といって来たら…。
実は男性はドキッとしているようです。

なんだか雰囲気がいつもと違う…。
そこで一つ目のドキドキ。
話を聞いているうちに、自分のことを頼ってくれているということに気が付き、
2つめのドキドキ…。
そして、もしそれが好きな人の相談だったりすると、
こいつも女なんだ…。と、女性であることを意識してさらにドキドキしてしまうかも。

■男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間その4「相談した時」

男性も悩んだり落ち込んだりすることはあります。
そんな時に、一緒にいる友達に話すこともありますよね。
軽い気持ちで友達だと思っていた女性に話をしたら、
すごく親身になって話を聞いてくれた。
そんな時に、この子のこと好きかも…。と感じることがあるようです。

自分が落ち込んでいる時、辛い時に話を聞いてくれたり、
親身になってくれたりすると誰でもうれしいですよね。
そんな人とはずっと一緒にいたい。
そう感じてもらえれば、友達から好きな人に発展することもあり得る話ではないでしょうか?

もし相談されたら。
自分のことのように考えてみるといいかもしれませんね。
また、良いことを言おうと考えすぎないこと。
まずは彼の話をしっかりじっくり聞いてあげることが大切ですよ。

■男性の「友達」から「好きな人」に変わる瞬間その5「ほかの男性に取られると感じた時」

これまでは友達としか思っていなかった女性。
でも、その女性がほかの男性と仲良くしている。
そんな時に、「あれ…?」。
なんだか心がチクチクしたり、イライラしたり。

大切な人というのは、失ってから気が付くということも多いもの。
友達だと思っていたのに、もしかしたらほかの男性に取られてしまうかもと思った瞬間、
友達から好きな人に変わることもあるようです。

女性に彼氏ができてしまってから、実は好きだったと気が付いても、
2人がうまくいくことはかなり難しいでしょう。

もし、女性に恋人ができる前ならチャンスはありますよ!

気が付いたら、彼女のことばかり考えてしまっている。
自分だけのものにしたいと思っている。
そんな時に、彼女のことを友達ではなく、好きな人であると自覚するのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
男性は、友達だった女性を、「女性」として意識する時に、
恋愛感情を持つことが多いようです。

もし、好きな人がいるけれど、恋愛感情を持ってくれていないのでは…?
と感じた時には、ちょっと「女性らしさ」をアピールしていてはいかがでしょうか?

ちょっとした瞬間に「友達」から「好きな人」に変わりますよ。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top