失恋したら…まずは心を楽にするために6つのことを意識しよう

投稿日 : 2019年5月17日

失恋後に、まさに「この世の終わり」とばかりに気持ちを落としてしまう人は、非常に多いものです。

恋愛における喪失感や虚無感はとてつもなく大きく、自分の心にそのダメージはのしかかってきます。「頑張ろう」「立ち直ろう」と思っても心は一向に楽にならず、悩んでいる人も多いでしょう。

大事な人とお別れした、もしくは、ずっと思い続けてきた人から振られたのですから、心が悲しみにとらわれてしまうことは無理ないことです。

まずは心を少しでも楽にするため、以下の6つのことを意識していきましょう。

◆自分に「お疲れ様」と声をかける

まずは後悔や未練ばかりを考えるのではなく、自分に「お疲れ様」と声をかけることを忘れないでください。

失恋後は、「なんでもっと〇〇できなかったんだろう」「私ってなんでこんなにダメなんだろう」と自分を責めてしまうことが多いものです。

そんな自己嫌悪や後悔の感情が、さらに失恋のダメージを大きくすることになります。

失恋したということは、それまで別れ話で嫌な思いをしたり、頑張って告白をしたりなど、何かしらの壁や試練があったはずです。また、自然消滅的に恋を終わらせたとしても、自分の中でも苦難はたくさんあったでしょう。

そんな大変なことと闘ったのですから、自分をいたわってあげなければ疲れてしまうのも当然です。まずは自分にお疲れ様と言い、自責の念から自分を解放してあげましょう。

◆よく泣いて、眠って、可能なら休暇を取る

失恋後は、悲しみを必要以上に我慢しないことが大切です。

泣くことは感情表現の一つですから、たくさん笑うのと同じで、すっきりすることの一つです。「もう大人だから…」なんて我慢せず、感情のままに泣きましょう。我慢していた感情が解き放たれることで、気持ちはだいぶ楽になるはずです。

そして身体も心も疲れているでしょうから、よく眠って、可能なら休暇を取ることも大切です。

恋愛は人の営みの一つですから、恋愛によって受けたダメージから回復を図るため、休暇を取ることは決して間違いではないのです。

◆もっと大きなスケールで考えてみる

「もう私の人生終わりかも…」と深い悲しみにとらわれてしまうときは、もっと大きなスケールで物事を考えてみることも大切です。

何十年も生きる人生ですから、とにかくいろいろなことがあります。長い恋愛が終わったとしても、それが自分の人生のすべてではないのです。

仕事もあれば、友達もいて、趣味や好きなこともあります。毎日生きていくうえで、恋愛以外にも大事にしていることはたくさんありますよね。

「あの人と別れたからといって、この世の終わりというわけではない」と考えれば、少しは気持ちも楽になるでしょう。どうしてもネガティブ思考が止まらないときは、もっと大きなスケールで物事を考えてみましょう。

◆好きなものを食べながら、友達に失恋話をする

悩みや愚痴は、話して気持ちを楽にすること。これが一番大切です。

美味しいものを食べながら、信頼のおける友達に自分の失恋話をすること、これも失恋後はなるべく忘れないようにしましょう。

もちろん話したところで別れた相手とやり直せるわけではありませんし、悲しみがある事実はそのままでしょう。ですが先ほどもお伝えしたように、我慢していた感情を出すことは、失恋のストレスを発散するのにはちょうど良いものです。

相手に対する愚痴も、あれば今のうちに吐き出しておきましょう。愚痴ばかりを口にするのは確かにあまり良いことではありませんが、今は心を癒すことを優先して愚痴を解放するのもありです。

◆一人の時間を満喫する

失恋すれば確かに悲しいですが、前と比べれば一人になった分、行動の自由度が高くなります。相手の目を気にする必要もありません。

趣味の時間を多く取ることもできますし、異性の友達と飲みに行くのに気を遣う必要もなくなります。恋愛していたからこそ、我慢していたこともあるでしょう。

そんな我慢から自分を解放することも、失恋から自分を救う大事な心がけの一つなのです。一人になったことをプラスにとらえ、自分の時間をしっかり満喫することも考えてみましょう。

◆余裕があれば次の恋について考えてみる

もし気持ちに少しでも余裕があれば、次の恋についてぼんやり考えてみるのもありです。

次はどんな人と恋がしたいか、理想を膨らませてみるのも良いでしょう。また、次の恋では絶対に今回のような失敗はしない、と心に強く誓うのも良いですね。

未来のことについて考えることができれば、それは少しずつ心が回復し、前を向けてきている証拠です。

◆まとめ

いかがでしたか?

失恋後は、誰でも気落ちするものですし、無理に「頑張ろう」「我慢しよう」なんて思う必要はまったくありません。

無理に失恋の悲しみに蓋をしようとする行為は、かえって心にも大きな負担をかけることなので、日常生活にもいずれ支障が出てきます。

まずは自分にお疲れ様と声をかけつつ、一人の時間を満喫したり、ゆっくり休んだりすることを重視していきましょう。失恋によるダメージは非常に大きいものです。大事なのはそれを理解したうえで、安心して次に進むため心をリラックスさせることなのです。

失恋を乗り越えたら、交際クラブやデートクラブに登録して次の出会いに期待するのもいいかもしれません。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top