彼とケンカをしても「言っちゃいけない」「やっちゃいけない」NG言動!

投稿日 : 2019年1月22日

付き合っている二人にはケンカはつきもの。
ケンカをするのは悪いことばかりではありません。
「雨降って地固まる」なんていいますよね。
ケンカをすることで、お互いを理解できたり、愛が深まります。

でも、ちょっと間違えてしまうとお互いを理解できるどころか、
破局へと繋がってしまうことも・・・。

彼とケンカをしたときに「言っちゃいけない」こと、「やっちゃいけない」ことを紹介します。喧嘩という勢いで本音が出てしまう状況でこそ、対応は気を付けないといけません。交際クラブ・デートクラブの男性は社会的に成功し、周りから気を使ってもらう側の人間なので、普段言わないことも言ってしまう恐れがありますので、以下の内容をご参照ください。会社の社長ともなると、やはり他の方より注意が必要です。

■彼とケンカをしたときのNG言動その1「もう、別れる!」

彼とケンカをしたとき、こっちは怒っているのに彼は真剣に聞いてくれない・・・。
そうなると、こっちは真剣なのに!と、つい「もう、別れる!」なんて言ってしまうことありませんか?

本当は別れる気がないのに「もう、別れる!」軽く口に出してしまうのは要注意!!
自分の思いを通すために「別れる」と脅すような行動に、彼は嫌悪感を感じてしまうかも。
特に、ケンカのたびに「もう、別れる!」と繰り返していると、
彼ももううんざりしてしまって、「もう無理・・・。」と、彼の方から別れを切り出されることもあります。
そうなると、「別れたくない!」と言っても、もう遅いんです。

ケンカをして彼がまともに取り合ってくれなかったりすると、
つい言ってしまいそうな一言ですが、これはNG!

「もう、別れる!」と言う時は、本当に別れの覚悟ができた時にしましょう。

■彼とケンカをしたときのNG言動その2「ヒステリックになる」

ケンカになると女性は感情的になりやすいもの。
冷静になって話し合えば2人で解決できることでも、ヒステリックになり、
感情のままに思いをぶつけてしまうと、男性は気分が悪くなってしまうようです。

ひどいことを言われれば男性だって傷つきますし、
感情的にワーワー言われると、男性側も感情的になり、売り言葉に買い言葉で収拾がつかなくなってしまうこともあります。
そうなると、お互いが思いもよらないことを言ってしまい、相手を傷つけてしまうことも。

ヒステリックになり傷つけあうと、
「実はあんな風に思っていたんだな・・・。」と、その後修復が難しくなるでしょう。

相手に悪いところがあったとしても、感情的にならず、まずは冷静に話し合いましょう。

■彼とケンカをしたときのNG言動その3「元カレと比較する」

誰でも、他の人と比べられていい気はしません。
しかも、元カレと歯一番比べられたくないですよね。
自分が彼に、元カノと比べられたら、嫌悪感を感じて、それこそケンカになるはずです。

「〇〇くん(元カレ)だったらこうしてくれたのに!」
「〇〇くん(元カレ)の方が優しかった・・・。」
なんて言うのは絶対にNGです!!

元カレと比べられたら、自分よりも元カレのほうが好きなのかなと誤解させてしまいますし、
「そんなに元カレがいいなら、元カレと付き合えば?」なんて言われてしまうかもしれません。

彼とあなたのケンカに、他の人を登場させないようにしましょう。
余計に話がこじれてしまうでしょう。

■彼とケンカをしたときのNG言動その4「前のケンカを蒸し返す」

彼とケンカになったとき、その時のことだけではなく、前のケンカの話を蒸し返すのもNG。
「いつもそうだよね!あのときだって・・・。」と言い出すと、
彼はうんざりしてしまうでしょう。
ケンカのたびにこれまでのケンカのことを言われると思うと嫌になりますよね。

ケンカになっても、一度終わったケンカのことは蒸し返さないようにしましょう。

■彼とケンカをしたときのNG言動その4「気づかないふりをする」

明らかに話し合わなくてはいけないことがあったときでも、
彼とケンカしたくないと、何も気づかないふりをしていませんか?

せっかくのデート中にケンカになって険悪になったら嫌だし、
ケンカになって彼に嫌われたらどうしよう・・・。
別れることになったらどうしよう・・・。と言う気持ちもわかります。
でも、不満をそのまま気が付かないふりをすることで、お互いスッキリしないですし、
彼の方も「どうして何も言わないんだろう・・・。」
と、あなたの気持ちがわからず、不安になってしまうかもしれません。

気持ちがわからない人と一緒にいると、これから関係を気づいていく自信がなくなる男性も少なくないようです。

今そのままにしておいても、次にまた同じことが起こるかもしれません。
それを何も気づかず見てみぬふりをすることは、お互いにとって良いことではありません。

もし、問題が起きた時には2人できちんと向き合い、話し合い、解決しましょう。
長く付き合う相手ならなおさら、我慢のし過ぎはよくありません。

まとめ

ケンカをしているとイライラしますし、カッとなって思ってもいないことを言ってしまうこともあるでしょう。
でも、彼とケンカをしてもこれからも上手くやっていきたいと考えるのなら、
今回紹介したNG言動は避けたほうがいいと思います。

ケンカはお互いを傷つけるためのものではありません。
お互いの気持ちを理解し合うためのものです。それを誤って相手を傷つけるようなコンプレックスを指摘するようなことは、不幸な結果しかもたらしません。交際倶楽部で知り合ったパートナーはあまり喧嘩などしないので、関係修復も難しいかもしれません。交際倶楽部の男性に花を持たせて、女性の側から少し譲歩してあげる余裕が必要でしょう。

お互いの気持ちを理解し、愛を深めるためのケンカにしたいですね。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top