女遊びが激しい男性の見極め方について

投稿日 : 2019年1月15日

交際クラブ・デートクラブの男性の中には、女遊びが非常に激しいというような人がいます。例えば不倫という関係性を望んでいたとしても、できることなら女遊びをしない一途な男性が良いと思いますよね。今回は、女遊びが激しい男性の見極め方についてご紹介します。是非、参考にしてください。

1、女の子が好き

女遊びが好きな男性の特徴としては、単純に女の子が好きという特徴があります。
女の子が好きな男性の見分けかたとしては、常に女の子が周りにいるというような人です。そのような男性は、SNSなどで、女性の交友関係について、書いているということが多いですので、その点を覚えておきましょう。好きになった男性が、女好きかそうではないかというのは、SNSをチェックするとわかります!
女好きの男性というのは、一人の女性に絞るということができないという傾向も持っています。

2、すぐに距離感を詰めようとする

女遊びが激しい男性というのは、女性との距離を詰めようとするのが早いという傾向があります。出会ったらすぐに、女性を自分のものにしようとする傾向があるからです。
すぐに距離を詰めようとしてくる男性がいたら、女遊びが激しいという可能性が非常に高いです。すぐに距離を詰めるというのは、非常にテクニックがいるという技です。そのため、女性経験が多くないと、すぐに距離を詰めるということはできないことがほとんどですので、すぐに距離を詰めようとしてくる男性を相手にすると、遊ばれてしまう可能性がありますので、そこは要注意です。

3、連絡がマメな男性

連絡がマメな男性というのは、女遊びが激しいという特徴があります。
その理由としては、連絡がマメな男性というのが、女性から好かれるということを知っていて、マメにしているというようなことが考えられるからです。
女性から好かれるということを意識してマメにしている男性の見分け方しては、男性の過去の恋愛経験を聞いてみるというのが一番良いです。女性とのお付き合いの期間が短期間の間でコロコロ変わっているというような場合だと、女遊びが激しいという可能性が非常に高いです。逆に、元カノと長く続いていたというようなタイプの男性の場合は、単に連絡がマメな性格ということが考えられますので、その点も見極めましょう。
連絡がとてもマメで、連絡をとるということに慣れているなというように感じた場合は、一度、女遊びが激しいのかな?と疑うようにした方がいいでしょう。

4、飽き性の男性

飽き性の男性というのは、女遊びが激しいという可能性が非常に高いのです。
飽き性の男性というのは、物事に対してすぐに飽きてしまうという傾向があります。また、ファッションなどに関しても、すぐに飽きてしまうので、コロコロとスタイルを変えるというような特徴があります。飽き性の男性を不倫相手にしてしまうと、すぐに飽きられてしまい、他の女性のところへ行ってしまうということになってしまう可能性があります。
飽き性の男性の特徴は、すぐに何事に対しても飽きてしまうという一面を持っているということですので、飽き性の男性よりも、一つのことに対して、一途に思いつづけるということができる男性の方が、長期的に一緒にいれるという可能性が高いです。

5、女遊びが激しい男性について

女性遊びが激しい男性を、相手にするのは良くないということを説明してきましたが、実は良い面もあります。良い面としては、セックスが上手いという可能性が非常に高いということです。女性慣れをしているため、セックスに慣れているので、女性を満足させるということができるという傾向があります。
不倫相手に対して、セックスの上手さを求めているという人は、女慣れしている男性を選ぶというのも良いです。しかし、女慣れをしている男性というのは、長期的に一緒にいるというのは難しいですので、その点もふまえておきましょう。

6、まとめ

いかがだったでしょうか。交際クラブ・デート倶楽部の男性の中には、女遊びが非常に激しいというような人がいます。女遊びが激しい男性の特徴としては、「女の子が好き」「すぐに距離感を詰めようとする」「連絡がマメな男性」「飽き性の男性」というような特徴がありますので、その点を覚えておきましょう。
女遊びが激しい男性とは、長期的に一緒にいるということはできないという傾向があります。逆に、女慣れをしていない男性を相手にするということができると、長期的に一緒にいれるということになります。

過去のコラムはこちら

人気ランキング
今話題沸騰中のパパ活アプリ

PayCute(ペイキュート)

クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top