掃除が大好き!?潔癖な彼との付き合い方

投稿日 : 2018年9月14日

もし、付き合っている彼が潔癖な人だったらどうしますか?
あなたも彼に合わせて、きれい好きにならなければいけないかもしれません。
潔癖な彼との付き合い方について考えてみましょう。

交際クラブ・デートクラブをご利用の皆さまも参考にしてみてくださいね。

<<潔癖な男性の特徴>>

■電車の手すりにつかまれない
不特定多数の人が触る電車の手すりにつかまれない男性がいます。
ほかにも、ドアノブとかエレベーターのボタンなど、触ることのできないものがたくさんあるみたいです。
どうしても触る必要がある場合は、ティッシュペーパーなどを使ってドアを開けています。

■マメに手洗いをする
潔癖な男性は外から帰ったらうがいをするとか、マメに手洗いをすることを習慣にしています。
彼の手洗いの時間が異常に長い場合は、かなりの重症でしょう。
手を洗えないときのために、ウエットティッシュなどを携帯しているかもしれません。

■掃除に時間をかける
潔癖な男性は整理整頓が好きで、掃除に時間をかけます。
年末の大掃除並みに時間がかかり、毎週末が掃除するだけでつぶれる場合もあるようです。
彼と付き合うと、掃除の手伝いをさせられることがありそうです。

■他人が作った食べ物を口にできない
他人が握ったおにぎりなどを口にしない男性がいます。
完全殺菌されている工場で作られたおにぎりなら大丈夫なようです。
外食をせず、家でしか食事をしない人もいるでしょう。

■家に人を呼びたくない
家に人を呼びたくないレベルになると、彼女としてお付き合いするのは難しいかもしれません。
家に呼ばれたときも、部屋着に着替えさせられるなどの彼なりのルールを守る必要があります。
一度着た洋服は、すぐに洗濯するなどのマイルールを持っています。

<<潔癖な男性との付き合い方>>

■彼の行動を理解する
なぜ、彼がそんな潔癖な行動をするのか、一つ一つきちんと理解することが大切です。
潔癖になっているのには、彼なりの理由があるはずです。
理論的に間違っていることもあるかもしれませんから、一緒に考えましょう。

■長所だと考える
だらしがない人より潔癖な男性のほうが、人としてのレベルは上かもしれません。
潔癖というよりキレイ好きと思えるなら、長所と考えることができそうです。
他人に強要しなければ、潔癖も悪いものではないでしょう。

■彼に任せてしまう
潔癖だとしても、掃除や料理などが得意な彼であれば、付き合うのがラクな場合があります。
彼に任せてしまうことで、なんでもやってもらえるでしょう。
お互いに得意なことを引き受けることで、ギブ&テイクの関係が成り立ちます。

■気にしない
最初は、いろいろ彼の潔癖な面を見て驚くかもしれませんが、じきに慣れます。
多かれ少なかれ誰にでも、潔癖なところとそうでないところがあるものです。
彼の個性だと考えて気にすることなく、合わせられそうなところだけ合わせましょう。

■彼が嫌がることはしないように努力する
彼が「汚い!」と拒否するようなことは、常識の範囲であれば合わせる努力することです。
食事の後ですぐに歯を磨くとか、食事の前に手を洗うといった衛生的なことは見習ったほうがいいかもしれません。
不潔なことに自分が慣れすぎている場合もありますから、彼の行動を受け入れてみてください。

まとめ

問題となるのは、彼の潔癖なレベルが常識の範囲内かどうかでしょう。
どこまでがキレイで、どこからが汚いという区別をつけるのは難しいです。自分はキレイ好きだと思っていたとしても、他人から見たらそうでない場合があるからです。
たとえば、毎日タオルを洗いたい人からしたら、週1しかタオルを洗わない人は不潔に思えるでしょう。しかし、月1でタオルを洗う人に比べたら、週1でしかタオルを洗わない人も、キレイ好きな部類に入ります。
週1でしかタオルを洗わない人が、「毎日タオルを洗え!」と言われたらストレスがたまりそうです。

本当の問題はキレイ好きかどうかではなく、自分の価値観を相手に押しつけることにあります。
潔癖な人は自分の気のすむようにタオルを洗えばいいし、たまにしかタオルを洗わなくても気にならない人は、そのタオルを使っていればいいでしょう。
お互いにルールを決めて、干渉し合わないことです。自分のやり方を相手に押しつけると関係にヒビが入ります。

ただ、潔癖の度が過ぎていて、あまりに症状が重いようであれば心の病気にかかっているかもしれませんから、心療内科を受診するようにすすめてください。
強迫性障害という病気があり、自分の意思に反して何度も同じことを繰り返したり、特定のルールで物事を行わないと不安になります。
延々と手を洗い続けたり、部屋の中が整理整頓されていないと不安になったりするのは、もはやキレイ好きというレベルではなく脅迫観念の一種でしょう。
他人と自由に関われないような潔癖さを持つ彼は、不幸だと思います。気持ちのあり方を変えることができれば、もっと幸せな毎日をおくれそうです。
ちょっとすすめたぐらいでは病院に行こうとまでは思わないかもしれませんが、ふたりで幸せになれるように彼の背中を押してあげましょう。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

全国デートスポット

メニュー

Return to page top