好かれた途端気持ち悪く感じてしまう方が行いたい恋愛方法

投稿日 : 2018年9月3日

片思いを行なっている時は大丈夫なのに、無事想いが実った途端、気持ち悪さを感じてしまう方は結構多いです。そんな方が行いたい恋愛方法とはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。
交際クラブ・デートクラブで出会いを探している人も参考にしてみてください。

◆気持ち悪いと感じるのは一過性のものだと意識する

直ぐに慣れるので気にしないでいようと気楽に捉える方法です。手の届かない人だろうと、前もって深く考えている程、両思いになれた瞬間大きなギャップを感じてしまいます。
その感覚が徐々に薄れてくると相手に対して不快な気持ちを抱くことは無くなります。一過性のものだから大丈夫と前向きに思う程、直ぐにでも嬉しい気持ちの方が勝つことです。

◆自分に、より自信を持ち好かれるのが当たり前という思考を作る

今以上に自信を持つ方法です。自尊心が低い方は他者の好意を受け入れにくい特徴を秘めています。「何で私のことを好きになったんだろう」と先に疑問が湧いてきて、裏の裏をかくなどとにかく素直に認められません。
この思考から抜け出す為には、やはり自分を好きになることが大切です。今までどういう部分を良いと褒められてきたか、長所を確認しつつ肯定感を持つように努めて下さいね。無事自信が身につけば好かれて当たり前と、好意を抱かれても負の感情を抱くことはありません。まずは交際倶楽部や合コンで出会ったお相手へ向け、自信を持ちコミュニケーションをとれるよう自分を磨きましょう。

◆そういう体質だと早めに自覚を行う

自分の資質を自覚する方法です。分からなければ、いざ不愉快な気持ちを抱いた際「本当は好きでは無かったかも」と勘違いしやすいです。そういう特徴が含まれていることを早めに自覚しましょう。
事前に知っておけば、いざ得た時に動揺することも無くなります。しかし体質を自覚するには、経験して見ないとやはり分からないものですね。今までの女性との交際や合コン、デート倶楽部などで得た経験と絡めてみたり、そういう事例もある事を心の隅で理解しておくと、常に冷静でいられるでしょう。

◆無理に相手と一緒にいない、自然な気持ちになれる瞬間を持つ

理不尽に相手と過ごさない方法です。また、一定の距離を保ち、自然に片思い同様の気持ちが芽生える瞬間を待つものです。「相手に悪いから」と無理して一緒にいても現状が悪化してしまいます。
近過ぎても見えないものは沢山あり、少し離れたところから物事を観察すると、しっかり把握出来る事は結構あります。また、距離を置いたから相手の気持ちも離れてしまったならば、そういう縁だったと前向きに解釈する術を取りましょう。

◆何故気持ち悪く感じるのか、冷静に分析してみる

何故この様な気持ちを抱えてしまったのか一旦整理する方法です。どの部分に気持ち悪さを感じるのか。また、逆に良いと感じるところはそのままなのか。見つめ返すと本質が見えて来ます。頭の中で整理しきれない場合は、実際に紙に書くとまとまりやすいです。
「性格が変わって見えたから不快さを得た」「内面を知り過ぎてしまったから」と最後には自分が一番気づきたい部分が現れる筈でしょう。加えて振り返る時はなるべく落ち着いた気持ちの中行いたいものですね。最後まで不快な気持ちが取れなかった場合には、お別れすることも視野に入れて置いた方が良いでしょう。新たな出会いは紹介や合コン、交際倶楽部など様々ございますので次に進みましょう。

◆相手男性より自分は強いんだと思い込む、認識する

抗えない訳ではない事をしっかり理解する方法です。自身が女性で相手が男性の場合には、やはり緊急事態には太刀打ち出来ないと捉えてしまいがちです。だからこそ嫌悪感も襲って来ますし、本当にこれで良かったのかと後悔にも似た感情を得ることもあります。
しかし女性であっても決して男性に勝つ事は不可能ではない事を知っておきましょう。人混みの中であれば、叫べばそのまま注目を集めることも出来ます。弱みを掴めば思いのまま相手を動かすことも可能です。「相手よりも優位に立てる」と深く思い込めば不快感も和らいでいくことでしょう。

◆性的な目で見ていないと暗示をかける

両思いという事は相手も自身と同じ気持ちを持ってくれたと捉えることが出来ます。しかし女性目線と男性目線ではものの考え方も異なるのも事実です。本能的に「相手は性的な目で好きになってくれたのではないか」という思考に陥ってしまえば、ふつふつと嫌悪感が湧き上がる事ですね。決してそんな事はないと相手を信じましょう。
また、思考から抜け出せないのであれば、人通りが多い場所でデートを行うなど二人きりにならないように気をつけて下さいね。交際期間を重ねていく毎に信頼感も築き上げていきましょう。加えて相手を問い詰めてしまえば空気も気まずいものに成り果ててしまうので、直球で聞く方法は避けるのが望ましいです。

●まとめ

片思いをしていた時の方が楽しかったと過去に戻りたい。また振り返る必要はありません。不快な気持ちは一時的なものの場合も考えられますし、ギャップによりそう感じられていると前向きに捉えましょう。
また、相手と向き合う時間を取る事で良い部分も更に見えてくるなど、徐々に気持ち悪いと感じている事実さえ薄れていくことです。

過去のコラムはコチラ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top