交際クラブサーチ Home > 蘇る!あの頃の恋話

蘇る!あの頃の恋話

恋の刺客

中学生の時のお話。
バレーボールに所属していました。たまに体育館の半分のコートを女子バスケットボール部が使うことがあります。その中でバスケットボール部の子を好きになり、隣にバスケットボール部が来るたびに意識をしていました。ある日、男女4:4でディズニーランドにいくことになり、それはもう楽しい一時でした。

そして数日後、告白の勇気を振り絞り部活が終わった後、一人では行けないので、友人を連れて彼女の家へ行き家の呼び鈴をならします。
親が出てこないかドキドキのなかドアが開きました。

そこには彼女が出てきました。親でなくても心臓はもう落ち着きません。
となりの駐車場へ呼び数十歩進みました。

ついに告白の時です。

結果は・・・OK。そこでお互い好きだったことを知りました。
その日はそれだけで帰宅。もう今となってはどうやって帰ってきたのかさえ覚えていません。
次の日、一緒に帰宅する時はまだお互いの壁があるのか、ぎくしゃくしていました。
しかし、お互いその壁を乗り越えようとしているのが分かっているだけでもとても幸せを感じていました。

そんな日が続き、1週間後、教室へその彼女の友達A子がやってきて私にこう告げました。
「あの子遊んでるからやめた方がいいよ」
突然の話に信じられませんでした。
毎日一緒に帰宅している最中はそんなそぶりもなくいたはずなのにと・・・

友達に相談し、家に帰ってもずっとそれしか考えられず、次第には怒りがこみ上げてきました。次の日友人を呼び出し、彼女の家へ一緒に行ってもらうことにしました。

彼女の家の隣の駐車場へ呼び出したが、いつもと様子がおかしい。笑顔が全くない。しかし、こちらとしては怒っているのでどうでもよい。
いざ言葉を出そうと顔を見ると様子がおかしいことに対して動揺が出てしまい、何を言っていいかわからず時間だけが過ぎました。

結局第一声は自分が呼び出したにもかかわらず
「どうした?」
と声を掛けると、彼女は何も言わず、ずっと下を向いたまま・・・
なぜ黙っているのか分からずその場に居るのも苦しくなってしまい次に声を掛けられたのが「別れよう」という一言。
彼女は突然泣き出し走って家に帰ってしまいました。
その後一切の音沙汰もなく、これで中学時代の自分の恋愛はもう終わりを告げました。

高校に入り、1年が過ぎたころ中学の同窓会がありました。
同窓会の終盤にさしかかったころ川の土手でゆっくりみんなと雑談をしていた時のことです。

彼女の別の友達B子からこういわれました。
「~君は結局遊びで付き合ったんでしょ?」
その時この子は一体何をいっているのか?冗談で笑いを取りたいだけなのか?頭の中でぐるぐる回り始めました。
「遊ばれたのはこっちだよ!」
その答えの返事には
「A子から~君遊んでるからやめた方がいいよ!って言われてたよ。あんたひどい事したよね」
なぞの答えが返ってきました。
ん?俺が遊んでた?どういうことだ?なぜ俺に遊んでるからやめた方がいいよって忠告してくれた子が、同じことを彼女にも同じ事を言っているんだ??

確かに、思い出してみると呼び出したあの時彼女は何も言わず悔しそうな顔をしていた・・・
あの時の彼女は自分と同じ気持ちだったのかと今さら気づきました。
だから何も言わず家へ泣きながら帰って行ったのだと・・・

一人の女に全てしてやられた思い出として残っています。

1 2 3 4 5 6 7 8

交際クラブサーチ Home > 蘇る!あの頃の恋話

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top