交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > モテる大人の男性になるためには…等身大の自分がカギ

モテる大人の男性になるためには…等身大の自分がカギ

人は等身大の自分で生きられたとき、他人から見たら、格好良く見えるものです。
背伸びをすると疲れるし、ぎこちなく見えて、格好悪くなってしまうのです。
大人といえる人は、これをよく理解しています。
常に冷静で落ち着いていて、周囲に穏やかな空気を漂わせています。
「交際クラブ・デートクラブでモテる大人の男性」になるためには、必須の条件です。
どうしたら等身大の自分で生きられるのでしょうか?

等身大の自分とは

目指すのは「子供」の男性ではなく「大人」の男性です。
「子供」は等身大の自分を嫌います。自分はもっとすごい人間だ、もっともっと人から尊敬されるほどの力量をもっているはずだ。だから頑張りさえすれば、まだまだ上を目指せる…と思っています。
確かに努力は大切です。
努力なしでは、何事も成し得ません。
問題は、目標を達成できる実のある努力をしているかどうかです。
人間には度量、力量、器、分、身の丈があります。
人にはどうしても越えられない壁が存在するのです。
この壁を認められるかどうか、それが「子供」と「大人」の大きな違いです。

大人とは何か

さて、それでは「大人」とは何でしょうか。
辞書(大辞林)で引くと

「考え方や態度が一人前であること」
「十分に成長して一人前になった人」

とあります。
「一人前」の項目には

「所属する社会で、正規の構成員であると認められること」
「技芸などがその道の人間として通用するほどになっていること」

となっています。
社会の一員として認められ、仕事をこなせる十分な能力が備わっていること、とも言い換えらるでしょう。
ですが、もっと重要なものは見えない部分にあります。
人や物に甘えず、精神的に自立していることです。

「大人」と「子供」の違いについて

「大人」は、甘えさせてあげるものです。
それは相手の望みを叶えさせてあげられるとも言えます。
自分でできる範囲で構いません。
自分ができる範囲を超えてしまうのは背伸びになってしまいます。
背伸びは「子供」がすることです。
「子供」はエゴの塊と言われます。
自分の利益しか考えられないのです。
「大人」とは相手の立場に立ち、相手の立場や利益をも考えることができる人のことをいいます。
女性が持つ、男性に対する共通した望みとは何でしょうか。
男らしい、頼りがいのある人です。
包容力と言えるでしょう。
包容力があるとどうなるのか。
答えは「安心」です。

自分一人でも楽しめるものを持つ

では、どうすれば安心感を与えられる大人の男性になれるのか。
大人の定義である等身大の自分になるために、まずは甘えない自分を確立しましょう。
そのために必要なのは、一人でも楽しめる何かを持つことです。
仕事でもいいのですが、出世するためといった、不純な動機が混じっていては駄目です。
心から楽しいと感じていなければ、ただ負担となってストレスしか生まないからです。
何と言っても趣味が一番です。
音楽、映画、写真、スポーツ、旅行なんでも大丈夫です。
ただし、ギャンブルはいけません。

歌の上手な男性が好例

テレビ番組などの歌謡コンクールがいい例です。
近年はプロに匹敵する人が多くいます。
プロまで及ばなくても、それなりに腕を上げた男性は周囲から注目されるでしょう。
モテる男性の一つです。
ただ、ここで問題なのはいい気になって女性に対してガツガツした態度を見せないことです。
男性は有頂天になりがちです。
自分の楽しみを、女性をつかむための武器にしないことです。
どんなに脚光を浴びても、どこまでも冷静に落ち着いていること。
この姿こそが、モテる男性のお手本です。

女性の心に沿える自分に

このようになにか楽しめるようになると、心に余裕が出てきます。
この余裕があって初めて、相手の立場に立って考えられるようになります。
ですから、性格、傾向を知り、女性の心に沿える男性にならなければいけません。そのためには、女性の話にしっかりと耳を傾ける必要があります。

まとめ

「交際クラブ・デートクラブでモテる大人の男性」を目指すのなら、等身大の自分になるのが目標です。
自分が心底楽しめる何かを持つこと。
そこで得られる心のゆとりが、相手を思いやれる人間に成長させるでしょう。

交際クラブサーチ Home > コラム一覧 > モテる大人の男性になるためには…等身大の自分がカギ

人気ランキング
クラブ検索
特選メニュー

デートクラブにご入会をお考えの方は・・・

デートクラブ人気ランキング

デートクラブ口コミレビュー

メニュー

Return to page top